トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    いつでも自由に簡単にインターネットを利用して自分の中古車の価格を査定できるのがたくさん存在している一括査定サイトのメリットと言えるでしょう。

    車種や連絡先などの情報を入力すると時間もかからずに数多くの会社からその車の価値を査定してもらえて、現段階での売ろうとする車の査定相場が分かってしまうのです。

    車種などの詳細情報以外の個人情報を入力したくない場合には、自分の名前を入力せずに査定を受け付けているサイトもあるようですから、それを利用すると良いでしょう。

    Web上でいつでも簡単に利用できる中古車無料一括査定サイトに申し込むと、売っても良いと考えている車の査定相場の概算を知ることができますから利用価値が高いです。

    ネット環境が整っていれば端末は何でも良いので、バスでの移動時間など少しのスキマ時間でも充分に利用できます。

    ただ一点言えることは、査定見積もりを行った複数の業者から電話攻勢が一斉に来るようになるため、このような電話攻勢が気になるのならば、メールのみで連絡可能なサイトを利用すると良いでしょう。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、見積もりに要する時間はただ待っているだけの時間を除くと15分かかるかかからないかです。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点でのオークションなどの相場をもとにして基礎になる査定額が事前に決定されていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、すぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    10万キロ以上走った車というのは、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、中古車買取業者に査定に来てもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、業者による査定が行われる以前に、できれば純正品に戻しておきたいものです。

    少数ながら人気の高いホイールもないわけではありませんが、一般的にいうと純正品であるほうが万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。

    状態が悪ければ意味がないのでカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではオークションでなかなか良い値段がつく場合も多く臨時収入も期待できます。

    車を売却して業者から代金が支払われるのは、契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、用意すべき書類が足りないと正式な契約という扱いにはなりません。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、売却(査定)業者を決める前に、手元の書類を整理し、普通乗用車なら印鑑証明もとっておくとスムースです。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことはあまり意味がありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    さらに、還付金がある場合でも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

    それは、普通自動車を売却しないで廃車にしたときです。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税は戻りません。

    そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。