トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    手持ちの車を売りに出したいと考えついたときにすると良い行動のひとつに、インターネット上の車一括査定サイトで見積もりを出す事が上手な方法といえます。

    同時に数多くの買取業者の見積もり額を比べてみることが出来てしまうので、自分であれこれお店に行って査定してもらわなくても最も高い金額を提示してくれる店舗を取捨選択可能なのです。

    また、さらには自分が持っている車の価値が今の時点で一体どのくらいの金額に査定されるのかが瞬時に分かってしまうのです。

    自分の車を高値で売却するために中古車の買取専門店と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、自分から安易に希望の査定額を言わないことです。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、そうでないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。

    程度問題というところもありますが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合にはマイナス査定になります。

    過去に喫煙したであろう車は、禁煙車にしようと考えているユーザーには買ってもらうことが大変難しいからです。

    この煙草の臭いの元は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    中古車買取店に持って行く前に車の中を入念に清掃すれば、煙草の臭いはかなり少なくなるに違いありません。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    ただ、複数といっても何社位を指すのかというと交渉次第というところもあって単純には決められません。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、相場を知って買い叩きを回避するためと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

    本人が納得できるようなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと結果的には問題がないということです。

    車の現物を見て査定してもらう時は、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、先方からこちらへ出張してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    ほとんどの買取業者は訪問査定には無料で対応してくれます。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、業者の査定ではマイナスとなります。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使用可能な部位ごとに価格を算出していき、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなことがあるため自分で直すのはよした方が無難です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。

    自動車修理の経験があるならともかく、そうでない場合には大変な思いをしてまで補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    ある条件とは、廃車にすることを決め、その時点で自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている状態の時です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    それから、戻ってくるお金がある場合にもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    保険会社に対して自分自身で書類の手続きをしなければ還付されるものではありません。

    自分と仲の良い友人などに車を売る場合には、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    本来自動車の売買は大きなお金を伴うことです。

    いくら親しい友人であるからと言っても、じっさいにいくらで車を売るか、支払い方法や期限はどうするか、名義変更はいつまでに行うかなど、重要な項目に関してはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    口約束だけで済まそうとする相手とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。