トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、ひとつの店舗の査定だけで満足しないで見積もりを多数の店舗で行ってもらうのが最も良い方法でしょう。

    その店以外の店舗が見積もった金額を見せることで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますからじゅうぶんに気を付けなければいけません。

    すでにご存じの方も多いかもしれませんが、インターネット上には買い取ってもらいたい車の見積もりを一度に沢山の会社にお願いできる、多くの中古車一括査定サイトが存在します。

    これらのサイトで査定額を算出してもらったら、必ず売りに出す必要があるわけではなく、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    しかしながら、査定してもらったお店の中には幾度も電話がくるケースもあり得るので、直接電話されるのが嫌だと思う人は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビ等のオプション品が付属しているとプラス査定になることが多いです。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、最新式のカーナビでない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、車にカーナビがついていない状態ではマイナス査定されてしまうこともあるでしょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、確認するのを怠りがちですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前にいま一度はっきりさせておきましょう。

    査定手数料をとる場合でも交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、買取業者のところに車で行くのではなくて、自宅や仕事先まで来てもらうことも可能です。

    たいていの業者というのは契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に注意すべき点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど契約金額に関する文章はしっかり目を通す必要があります。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でサインしてください。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも、車検の有効期間が一年を切ってくると価値もドンドン下がっていって、車検切れまで残り半年くらいになると査定金額に上乗せされることはなくなってきます。

    でも見積金額アップを狙って車検を通してから車を売却することは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、何も自動車の売り買いに関したことだけではなくてどんな売買をするときにもとても大切な事柄です。

    自分が署名して捺印をすると、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、充分に丁寧にみていくことが大切です。

    何か引っ掛かる点があったら遠慮せずに営業マンなどに質問して細かなことでも解決するクセを付けると良いかも知れません。

    不動車は全く動かないため買取して貰えないと考える人も多いかも知れませんが、最初から売ろうとしないのは間違っています。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    自動車本体ではなくパーツごとに見ると今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、部品部品に対して価格をつけ買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、はじめに調査して不動車取り扱いの会社に実際に査定してもらって引き取ってもらうとスムーズに行くでしょう。