トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    専門家の査定士には口からでまかせを言ってもすぐに分かってしまいます。

    実際には事故を起こしたり修理をしたことがあるのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに「ないです」と嘘をついても確認すれば瞬時に判明しますし、ウソをついてしまったという事実があるとスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    最終的に、嘘が原因で厳しめの査定をされることが考慮されますから、事故歴などについては変に隠そうとせずにしっかりと言った方が良いのです。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、中規模や個人経営のような小規模な店舗と、大企業では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    資金力が豊富な大手の買取業者は、自前の販売ルートを通して売ることも多いですから、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

    その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    大手と比較して中小はひとつひとつ丁寧にオークションを通して販売することが主で、その車を査定した従業員の判断に任される部分が大きいので、これはイケるだろうと思ってもらえれば一般的な相場の金額よりも高く評価してもらえる場合もあるでしょう。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主となる要因には何点かあるのですが、一番確実に査定金額が低下する原因になるのは、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    場合により見積金額が0にまで下がってしまう時もあるのです。

    でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却希望の車の骨格相当部分までダメージが行っていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも実車査定に応じてくれるものです。

    夜間査定のほうが昼間の自然光よりもボディの傷が目立たないため、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    夜の査定は手元灯を駆使しなければいけない部分が増えますし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    中古車屋の査定というのは、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、ここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

    これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、大きなマイナス点をつけられるケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。

    車の処分を考えている際に個人ができる方法は、中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて業者間の競争心を煽り、おのずと高額買取りも期待できるでしょう。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合は価格を比較する相手がいないので安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、第二にディーラーに下取りしてもらう方法があり、少々大変かも知れませんが自分でオークションに出して売ることも可能です。

    オークション出品の際には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをなるべく他人が読んで分かりやすく表記することが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。

    その他の大切だと思ったことは「念書」などをきちんと作ってサインと捺印をしてもらうと安心できますね。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、最初から売ろうとしないのは間違っています。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    パーツごとで考えればまだ使えるものもあるかも知れませんし、それらの部品に対して値段をつけて買取してくれる会社はあるのです。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、まずはきちんと不動車を扱っているかどうか聞いてから依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

    たとえ自動車ローンが残っていようと売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    要するに、ローン会社でなく自分の名前が車検証の所有者欄に記載されているときだけですから、実際には難しいかもしれません。

    もしローン会社の社名が車検証に記載されている時は、残債を返済しきるまでの間は車の所有権は本人にはありません。

    ですから、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。