トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    程度にもよるので一概にはいえませんが、車の中がヤニ臭いときにはマイナス査定になります。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、煙草を吸う習慣のない人には売ることが非常に困難だからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、その車のどこかに付着しています。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに中古車の価値を見積もり可能なのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    自分の連絡先や車の情報などを入力することで一瞬で査定価格が複数の業者から寄せられて、これから売ろうとしている車の現時点での相場が分かってしまうのです。

    自分の名前などを記載したくない場合には、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    買取希望の中古車のおよその査定金額を知りたくなったら、インターネットを通して車の一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで参考となる見積金額を知ることもできます。

    自動車メーカーのHPなら個人情報を全く記載しなくても車の年式や車種だけの基本情報だけで検索可能なサイトもありますから、無料の中古車一括査定サイトを使ったときのように営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、値段がつけられないと言われることも多いです。

    しかしまったく売却不能というわけではなく、まだ道は残されています。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    一般的に年度末で決算でもある3月や夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は自動車のように高額な品物の売れ行きも良いものです。

    業者の意図としてはこの時機を逃さずもっと売りたいと思うものです。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売る時期を特に決めていないのであれば、9月というのはまさに売り時です。

    それと、4月は決算の翌月で販売も一山超えたところで、査定価格も低調ですので避けた方が無難です。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    そのまま廃車にするか、普通の中古車屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、利用できるパーツごとに販売するなどして商売しています。

    だからこそ普通の業者で断られるような車も値段をつけてくれるのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取業者による現物査定が行われ、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。