トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車売買に於いて、その査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    このうち車のボディーと内装に関しては、買取査定してもらう前に個人でしっかりと清掃を行っておくことで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    過去の事故歴については、嘘をついて隠してもプロなら瞬時に分かるので、はじめから正直に答えましょう。

    このベースとなる基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、隠して買取査定に出したとしても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    事故や故障での損傷が軽く、それに見合った修理がされているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように値段が付かないと査定された場合には、事故車や故障車を専門に扱う中古車買取店に持って行くと良いでしょう。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、いろいろなキャンペーンをいつも行っていますね。

    これらの多くは車売却の際にプレゼントされるのが普通でしょうが、キャンペーンの中には無料で中古車査定を実施するだけでプレゼントされる事もあるのです。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとポイントと交換できるなどです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあればぜひトライしてみましょう。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、ボーナスの影響が出やすい9月というのは比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

    店側は売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    また査定額は、決算期が終わった4月というのは最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    営業車でなく個人所有の車の場合、走行キロ数が多いと業者の査定ではマイナスとなります。

    5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、10万を超えると過走行車となり、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったことをここで書くつもりはありません。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使えるパーツ単位で計算してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも構わず、査定依頼に対応してくれます。

    車のボディの傷や小さなへこみなどは、昼に比べて夜間は目立たないですから、査定には有利であるという話も聞かれます。

    しかし、質の高いLED照明などが普及した現在では眉唾な話です。

    たしかに夕方以降や雨の日や曇天なども薄暗いので不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    その一方で、磨き上げられてピカピカの車体は昼間の自然光でこそ美しさが際立ちます。

    ですから、気象条件で査定が変わるような業者では逆に困るのではないでしょうか。

    愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、車の見積額がプラス査定されると言うことはほとんどありません。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことをアピールする材料となるのです。

    車の扱いが丁寧でない持ち主よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、最終的に査定額が高く付くことになるでしょう。

    誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、もうすでに車検切れになっている中古車でも売却はできるのです。

    しかしながら、すでに車検が切れてしまっている車が公道を走ることは禁止されていますから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。

    一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることは無意味です。

    車検にかかるお金の方がほぼ確実に高く付き、その割には査定金額にあまり反映されないからです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売る方からみても自動車が高く売れる好機であるのです。

    車を買いたいという需要がアップすればするほど供給も必要になり、同時に買取価格も連動して上がるのです。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、交渉次第では買取額がアップする可能性が高いのです。

    9月は、さらに夏のボーナスが出て間もない時期であることから順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。