トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    最近のことですが、中古自動車販売の最大手で大衆向けの中古車査定アプリを発表しているのです。

    しかし、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    たとえ査定業務にあまり携わったことがない人でもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、目の前にある査定対象の車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大きく分けると車の色や車種などの基本的な事項、ナンバープレートを含む外装の傷の状態確認や走行距離数の確認、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの査定結果に加えて現時点での相場価格を考慮して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、嘘をついて査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    軽い損傷程度で済んでいて、完璧に修理されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、正直にハッキリと伝えた方が無難です。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に0円査定と言われてしまったときには、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    共通認識として多走行車は5万km以上走った車で、減点対象で安くなってしまいますが、過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、価格がつかないこともあります。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    10万キロ以上走った車というのは、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額をチェックできてしまうのですから非常に助かります。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、ネットで連絡先を登録する際は気をつけましょう。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書が必要になってきます。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところが違ってきます。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、軽自動車の場合には役所の窓口に行って再発行を依頼するようにしましょう。

    一律と言うわけではないのですが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、「車検」は査定金額に影響します。

    車検切れの自動車よりも、もちろん長期間の車検が残っている方が有利になります。

    有利とは言っても、車検の残り期間が1年以上なければ査定価格アップをそれほど期待できません。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。