トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    大きな中古車買取店のほとんどが、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    景品等の多くは車を売ることで受け取れるのが一般的ですが、その中には無料査定だけで受け取れるキャンペーンも存在します。

    もっと具体的にいうと、ある特定のWebサイトから無料査定を行うとポイントがたまるなどのケースがあります。

    ただで査定をしてポイントを貰い、実際には売却しなくても構わないため、こんなキャンペーンを行っているのを見付けることがあれば申し込んでみると良いですね。

    一般的に言って、事故車と呼ばれている「修理歴車」は、査定額が大幅にマイナスになる原因の一種になってしまうのです。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。

    結果を連絡してもらうために結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、誰しもむやみに個人情報は教えたくないでしょうから、有用なサービスと言えます。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、おおよその相場を知ることができます。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、さほど意味がないかもしれません。

    数々の査定実績のある買取業者からすると、個人レベルでいくら工夫しようと車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    事実を隠すという行動は業者を騙すのと同じことで、金額交渉すらできない状況になることが予想されます。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律的には告知義務違反となり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    実際、契約書の中にも申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    買取業者による中古車の査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    中でも減点対象としてはずせないのは外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    しかし査定前に気になって素人作業で補修したりすると、却って減点が大きくなる事態になりかねません。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、提示金額次第ではここで契約してもいいという雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも中古車として販売する前の下準備の段取りが確定したも同然ですから、お互いに金額交渉が円滑に進められます。

    現実の査定に出して示された金額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、どの買取店舗も「何日までならこの値段で買いますよ」と言う保証を付けてくるのです。

    見積もり金額を表示されたときにすぐに売却を決定出来ないときには提示された査定額の有効期限がいつまでなのか事前に必ず聞いておくべきです。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、出張査定サービスを利用するのもありです。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、業者に出張査定してもらったほうが結果的に高値になりやすいという点で売主側にとってはベターと言えます。

    自分で業者に持ち込むと1店ずつしか回れませんが、出張査定なら多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり査定士もここが正念場とばかり上限価格を提示してきます。

    そのおかげで比較的高額での売却が可能になるからです。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    複数業者にタダ同然の査定結果をつけられた車も、再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。

    それ以外には廃車しかありませんが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    プロに頼む利点は、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。