トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分類して車種や車体の色などの基本性能、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障歴や事故歴があったかどうかなどのチェックをするのです。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう軽い傷や細かなへこみは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり気にすることはありません。

    それとは逆に、触ったときに引っ掛かる程度の傷や明らかにへこみがある場合、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、減額されるのが嫌だからと言って自分で直しても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、一つ一つ詳細に査定しているわけではなく、あくまで簡易的に導いた金額になっています。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台ボディーの状態などは千差万別で当然ですから、一台一台の具体的な見積額というのは車を目の前で査定しないことにはなんとも言えません。

    このようなわけで、ウェブ上で示された相場と同じ金額が本当の買取金額になるわけではないので、気を付ける必要があるでしょう。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は二通りあり、どちらも長所もあれば短所もあります。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。

    しかし、競争原理が働かないため中古車買取り業者と比較すると安めの価格になってしまうという欠点があります。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、実車査定を受ける前に純正品に戻すほうが良さそうです。

    例外はあるかもしれませんが、もともとのメーカー品を装着している車のほうが査定に加点がつくことが多いです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので屋外保管ならカバーをかけて時々状態をチェックし、可能なら室内保管が一番手間がありません。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではカスタムショップやネットオークションで高値で買ってもらえる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    中古車というのは需要によって値段が上下するのが常ですから、売却対象車につけられた査定価格にも当然ながら有効期限があるものです。

    査定見積書のどこかに記載があるものですが、なければ分からなくなりますので、念の為にその金額がいつまで有効なのかを担当者に聞いておくと安心です。

    最長で2週間ばかりの有効期限を見込んでおけば良いですが、相場の変動が大きい繁忙期の査定では、短めの設定になることが当たり前です。

    愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を理由として業者側が車の買取金額を減額したり契約解除を通達されることがたまにあります。

    万が一事故や故障などで修理した履歴があるのに隠していたのならば売却側に非があると言えるのですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば売る側に何も責任は無いでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を話してみると無駄に気をもむ必要がなくなります。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと既にプラス査定は期待できなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して自動車を売る前に車検をすることは有益ではありません。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、還付金はありません。

    そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。