トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車買取専門店での査定の際には、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると査定金額が高くなることが多いでしょう。

    でも、新型の車にはもはやカーナビゲーションシステムは標準装備なので、比較的新型のカーナビでないとグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    そして、同じ理由によって車にカーナビがついていない状態では査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという噂が巷には存在するようですね。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから外装の汚れや傷などが分かり難くなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    今持っている売却予定の車に全く馬鹿にしているような査定金額を店舗側から提示された場合、売らないと突っぱねることもできます。

    中古車の査定をしたからといって、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、もっと高く査定可能な買取会社が存在する可能性も少なからずあるのです。

    自分が嫌だと思ったならばハッキリと断りましょう。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    本人が納得できるようなら、2、3社でも十数社でも実質変わらないということになります。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車の売却査定の際に確認される部分です。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等は特に減額対象としない場合が多いです。

    それから、傷を気にしてリペアに出すべきか悩む人は少なくありませんが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性はないと言えます。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    前の車を中古車買取業者に売却するとすぐ引き取りに来るため、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、どうしても車が必要だという人の場合は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、車がないなんて考えられないという人なら、売買契約をする前に代車を用意してくれるのかどうかを会社ごとに聞いておくと良いでしょう。

    車の売却についての一連の流れを説明すると次のようになります。

    手始めに査定サイトなどから申し込み、仮の査定額(現物査定前の金額)を算出してもらいます。

    そのあとで実物の状態を業者が確認した上で、その業者が出せる査定額が決定します。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、無事に手続き全般が終わったところで業者から売却代の振込があるのが普通です。

    自動車を実際に売るときには複数の書類の提出が求められます。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新規に取得しなければいけないのは印鑑証明書だけです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    ちなみに有効期限は印鑑証明書を取得した日から3ヶ月です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、あとから売買の手続きがスムーズに行くことを実感できるでしょう。

    自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。

    この理由は二つあります。

    先ず1つめは、愛車を雑に扱わない人だという印象付けができることです。

    2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

    車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、この辺は程度にもよって違いますが査定額を減額されても文句は言えませんね。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげればなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。