トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、嘘をついて査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    軽微な損傷であって、適切な処理が施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に査定額が付かないと言われてしまった場合には、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、査定依頼が匿名で可能なところもあるようです。

    見積もりの金額を教えて貰うために連絡先は書くようですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    そして、電話やメールアドレスも記載せずに中古車の相場価格を知る手段としては、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、今のその車の相場の概算を知ることが可能です。

    しかしながら、出てきた金額はアバウトすぎる傾向がありますから、信頼性に欠ける面があるのは否めないでしょう。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりけりなので、人気のある特定のボディーカラーが査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることも充分考えられるからです。

    いまどきの買取業者の多くは夕方であろうと夜であろうと家まで出向いて査定してくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、マイナス対象が減って査定額が高くなるなどといった説があります。

    ただ、あまり気にする必要はないというのが本当のところだと思います。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、不慣れな査定士だと多少の見落としはないとは言えません。

    ただ、それはあくまでも可能性の話です。

    それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、市場動向や決算などさまざまな要因で変わってくるので何とも言えません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

    本来の目的さえ満たすものなら、少なかろうと多かろうと実質変わらないということになります。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    全ての合計を見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕に長けていなければ、ちょっと見たときには綺麗そうでも修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むということとは違いますから注意しましょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。