トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、ウェブで車の見積もりを行えるホームページは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    もちろん、大まかな金額でなくて、詳細な査定金額は査定士が現実的にその車の状態を見積もってみないことにはなんとも言えないところはありますが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    大抵の業者は良心的ですが、その数は多くないのですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    一定の手続きを踏むことをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何点か考えられますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。

    例えば、査定金額を表示して納得して車を手放した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと買取金額を低くされることもあるのです。

    もっと酷いケースになると、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    詐欺まがいのケースに遭遇したときには、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    これから中古車買取り業者に査定をしてもらおうという場合はあらためて用意すべき書類等はないものの、売却する業者が決まって契約となると、複数の書類が必要になります。

    印鑑証明は軽乗用車なら不要ですが、普通乗用車の場合は役所にとりにいかねばなりません。

    さらに、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、現住所と書類の住所が一致しない場合は通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    売却の意思が堅いのでしたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    中古車売却一括査定サイトは、たった一度の入力で複数の会社から見積もりをとることができるので、誰にとっても有難い存在ですが、短所がないわけではなく、申し込み直後から営業電話がどんどんかかってくることがあります。

    深く考えずに仕事と兼用の携帯電話番号で申し込んだりすると、何日かは不便を強いられるのが予想されるので、なるべく当たり障りのない番号にすると良いでしょう。

    食事中や仕事中だといっても電話を切ってくれない迷惑な営業マンには、よそで売却を決めてしまったと言って断るのがてきめんに効きます。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を受けるにはコツというものがあります。

    それは意思表示です。

    つまり、売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、これからの販売見込みが明確になりますから、提示価格への上乗せを求めても円滑に進められます。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、通常の普通自動車を買取に出したりしないで廃車にしたときだけです。

    軽自動車に関してはまた別で、還付金はありません。

    でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。

    全部が全部という訳ではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、わからないときには確定申告をするときに税理士に相談するなどして対応してください。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、実車査定なしの簡易査定額を算出してもらいます。

    それから現物を業者から派遣された査定士が判定し、買取金額の提示となります。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして移転登録等の手続きが終わってから代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。