トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    原則的に、車査定において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと与えられませんから、中古自動車査定士の資格があれば、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。

    なるべく多くの中古車買取業者に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、中古車売却を成功させる秘訣のひとつでしょう。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、皆で価格競争をするように仕向けるのも自分にとって有利になる手段です。

    何か後ろめたく思う人もいるかもしれませんが、結構あることですので、査定スタッフに気兼ねする必要などないのです。

    また、契約を取り交わす時には売買にあたって契約書の全文を充分に読むことが重要になってくるでしょう。

    自分が持っている車を売ろうとして査定に出したときに、査定額が付かないと言われることがあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、事故の状態が大きくて修理の後も大きい場合などは買取額が出ませんと言われることがあるでしょう。

    多くの中古車買取店を回ったとしてもどこでも0円査定だったとしても、廃車を専門とする買取業者に買い取り依頼することもできますから、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。

    しかしながら手間がかからないからとディーラーの下取りで済ませてしまうと、明細書に「査定費用」の項目があって驚いたという人も少なくありません。

    下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。

    中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、確認するのを怠りがちですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前にいま一度はっきりさせておきましょう。

    査定手数料をとる場合でも交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    査定士に買取対象となる車を直接見てもらうなら、買取業者のところに車で行くのではなくて、自宅や仕事先まで来てもらうことも可能です。

    たいていの業者というのは契約の有無にかかわらず無料で査定に来てくれます。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、いわゆる相見積もりの状態にすることも出来ます。

    単独の時にはない競争原理が働きますから、結果的に高額査定に結びつくのです。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に注意すべき点があります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど契約金額に関する文章はしっかり目を通す必要があります。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でサインしてください。

    車売却の方法には、先ずは街中で良く見かける買取専門店に出すこと、自動車ディーラーに下取ってもらう場合、また自分でオークションに出品する方法もあるのです。

    個人でオークションに出品する場合には、売却予定車の写真や状態を説明する文章などをできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    それから、実際に契約する前に実物を見てもらうことも重要です。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、実際に売却すると決まったら必要書類をいくつか準備しなければなりません。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券が必要になってきます。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いする場所が違うのです。

    売ろうとしている車が普通自動車だったら都道府県の税事務所ですし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    そうは言ってもこの数字は目安に過ぎず、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買取専門店に査定に出すときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと調子を崩すことが多くなってきます。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。