トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、査定額が大幅にマイナスになる原因の一種になってしまうのです。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    車を手放そうと決めたならば、一番最初にすることは、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    今の査定相場金額を知ることで異様に安く買い取りされる危険性を随分と減らすことが出来るでしょうし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、ここで売却予定車の相場の把握をすることが可能になります。

    車買取の査定をするときに、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと査定額が高くなる傾向にあります。

    しかしながら、最近発売された車にはもはやカーナビゲーションシステムは標準装備なので、最新式のカーナビでない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    そして、同じ理由によってもしも、カーナビがない場合には低く見積もられる場合も出てきます。

    夕方以降や雨天など暗い時を狙って車の査定に来てもらった方が総じて査定額が高くなるという俗説があります。

    晴天ほど車体のキズがくっきり見えるわけではないので、担当者が見誤る可能性が高いからです。

    現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも出来るだけたくさんの業者に査定させる方が良いのです。

    査定金額には有効期限がありますし、業者同士で競合が起きれば全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。

    天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、総じて車のアラが目立たないので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、業者自身も見づらいのは分かっていますから、いつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    天気がどうこうという話では昔から一長一短ですから、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    中古車を買い取る業者から出来るだけ高額な査定を得るためにはそれなりの努力が必要です。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    売主側は査定金額さえ良ければいつでも契約する姿勢を見せて、好条件を引き出すのです。

    営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、中古車として販売する前の下準備の段取りがほぼ本決まりとなるため、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も円満にまとまる率が高いのです。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    相見積もりをしてもらうと何が得かというと、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は実際に購入しようとする意欲が高いところで、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。

    幾らかでも高く車を売るためには効果が高い方法といえますね。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを履き替える必要はないのです。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、買取査定に出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。