トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    査定の専門家にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、査定金額が低くなってしまうのが嫌で事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、ウソをついてしまったという事実があるとお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性があってもおかしくないので、修理歴などについても包み隠さずにはっきりと申告しましょう。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという噂が巷には存在するようですね。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによって変動するものなので、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    査定士が実車を査定するときは所有者がそこにいる必要があるなどといった規定は聞いたことがありませんが、本人不在で起こりうるトラブルをあらかじめ防ぐために、時間を作ってでも本人が査定に立ち会う方が良いです。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、誰も見ていないから証拠は残らないだろうと、元はなかったところに傷をつけるという悪質な手段で安く買い叩く業者もいるそうです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    基本的にチャイルドシートは査定の際に加点される項目ではありません。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売るとそこそこ良い価格がつきます。

    美品のブランド製品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで車の価値を算出していきます。

    項目ごとに、標準的であれば0点、上ならプラス何点、下ならマイナス何点と客観的な価格決めを行うわけです。

    実際に見るポイントというと、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    熟練の営業マンが逐一チェックしますから、事故歴や修理の痕を隠そうとしても隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。

    相見積もりをしてもらうと何が得かというと、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    中古車買取会社の中には相見積もりを快く思わないところもあるのですが、嫌がらずに引き受けてくれる買取会社は実際に購入しようとする意欲が高いところで、価格競争が激しくなると思って構わないでしょう。

    幾らかでも高く車を売るためには効果が高い方法といえますね。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもかかった費用以上の上乗せは見込めないので、タイヤを履き替える必要はないのです。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、買取査定に出す前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    需要のある時期と季節が限られているスタッドレスタイヤは、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、古い年式の自動車だったら1年間の走行距離数は幾分短く考えられるものです。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると調子が悪くなってしまうのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。