トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、見積額が少々上がるという説が世の中にはあるようです。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど経験不足の査定士がいるわけではないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、見積もりが低めに出されてしまう場合もなきにしもあらずなのです。

    よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、あまり神経質になることはありません。

    例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや明らかにへこみがある場合、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、査定時に減点されるのが回避するために自分で費用を出して直したとしても自分で直した費用に見合う金額が上乗せされることはないのです。

    なるべく手持ちの車を高く売ろうとして車の買取専門業者と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    査定相場金額を確認した上で交渉に臨んでいるのならば良いのですが、相場の金額を確認していないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、価格を低めに言ったときには確実に損します。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

    しかしながらわざわざ休日に骨折りしてまで複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    最初に車の情報などを登録すれば所要時間5分で数十社から見積りをとることも可能で、短時間で手続きが済みます。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から先を争って電話連絡が来ますから、心してかかる必要があります。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、ディーラー下取りではなく、中古車屋への売却の場合は納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、訪問査定等を申し込む際に契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    会社や店舗ごとに取扱いの有無は変わるので早いうちから確認しておくことが大事です。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、1万キロ前後と想定されています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はゼロ円査定などという可能性もあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと却ってパーツが劣化して故障寸前になっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残りの税金分を中古車買取店が査定額に上乗せしてくれることもあるのです。

    しかしながら、自動車税のことについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、個人売買で自動車を売る方法が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが名義変更に関することとお金に関することです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    お金関連のトラブルは、1回目の支払いだけちゃんとしてそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、自動車に関連したことだけではなくて売買契約をするうえではとても大切なことです。

    自分が署名して捺印をすると、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    記載された中古車の状態は適切か、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、じっくりと確認することが大切です。

    分からないところがあったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。