トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、自賠責の保険証明書と車検証だけですから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、その上、自動車税納税証明書、および印鑑証明書などの何種類かの書類が入り用になってきます。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の記載内容と違ってしまっている場合には追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において自分が売りたいと思っている車の査定を一度に沢山の会社にお願いできる、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    見積もりをしてもらったら売るべきであると決まっているわけではありません。

    そのうえ、いろいろな店に自分で出向かなくても良くなるのです。

    利点が多いとはいえ、お店によっては売却を勧める電話が何回もかかってくる可能性もあるので、自宅などに電話されるのが面倒な人は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    インターネット上の無料中古車一括査定サイトを利用するときに欠点となる事と言ったら、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、非常にしつこく困ってしまう場合には、自分の車を実際に売ろうとしていなくてもすでに手元に車はないと言ってしまうのが一番楽に断る方法でしょう。

    査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って買取対象となる車の査定をしています。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、ひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    比重の大きなチェックポイントは、車体のヘコミ、キズ、過去の事故歴と修復歴、車の走行キロ数といったところです。

    査定のプロが見るのですから、修理歴を隠蔽したところで一目瞭然です。

    返済が終わっていない状態で車を売却する場合、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

    というのは、返済中はローン会社が車の所有権を持っているため、名義もローン会社であることが普通だからです。

    売る際に残りの債務を全部払えるのであれば困らないのですが、不可能であれば無理をせず、買取額を使って残債を清算するという方法もあります。

    ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、相手側の規約に則った手続きをする必要があります。

    査定を受けないことには中古車の売却はできません。

    一括査定サイトなどのウェブサービスで得られる査定額は目安的なものですので、後に現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら車検証や自賠責保険証などの書類を整えて業者の用意した契約書に署名捺印します。

    そのあとは取り決め通りに車を引き渡し、所有者の名義変更等の最終段階の手続きを行ったあとで買い取った業者から入金があり、あとは何もする必要がありません。

    手続き完了です。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくて辛い思いをするかも知れませんが、複数の買取店舗で見積もってもらうのは自動車を高く売却するために大切です。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    今売却を決めればいくらで買い取りできますよ、などという勧誘文句に半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    大きな交渉事は焦らないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、愛車を高く売りやすい時期というのはあります。

    市場で需要がアップするときには一緒に買取価格も上昇するからです。

    でも、車を売ろうと決心したときが高値で買取りしてもらえそうな時期と大きく離れていたときに、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    当たり前ですが、自動車売却を遅らすことで年式はドンドン上昇していきます。

    相場が上がったことによって査定額もアップするでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。