トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースではマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    査定前に個人で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個かあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    もっと酷いケースになると、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    中古車の査定額の概要を確認したいときに、Web上の中古車一括査定サイトによって確認する方法もあるのですが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で価格を確認するという手段もあるのです。

    自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    中古車を買い取る際の査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに相場の現況を知るようにしています。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低い買取り価格になるようです。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、車の価格の相場がすぐに手に取るように分かるため大変便利です。

    相場価格は知ることができますが、現実にいくらで売ることができるのかは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    その車の外装や内装の状態、および車検がどのくらい残っているかなどによって、良くも悪くも最終査定金額が大幅に変動することがあるのです。

    中古車を手放そうと考えているときには、一括査定サイトの相場価格を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    本来ならば車を売るときには、傷が目立ったり凹みがある車体の方が査定額は低くなります。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見ると却って目立ってしまうケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、頑張って自分でやってみようと思わずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、減っていれば減点されてしまいます。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、実査定を受ける前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。