トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    車一括査定サイトを利用する際の要注意項目として、一番高値で見積もった業者が必ずしも優良業者ではないかもしれないと言うことが挙げられます。

    数多ある中古車の見積もりを比べたときに、ずば抜けて相場よりも高い査定金額を表示している買取専門店があるときには用心してかかった方が身のためです。

    そこで取り引きを実行すると決まったときには、売買契約を取り交わした後から何だかんだと言われて前もって提示された査定金額よりもグッと低い買取額になる場合もあるのです。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    プロの営業マンのセールストークをハナからすべて信用してしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに値段の駆け引きをする準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    中古車の見積もりを行う場合に、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定にプラスされることが多いようです。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、最新式のカーナビでない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    そして、同じ理由によってもしも、カーナビがない場合には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。

    特に中古車売却についての事案は増える一方です。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。

    いくつかの中古屋の査定額の中で一番高いところを選びたいなら、車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等を有効利用すべきです。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。

    各社の査定結果がほぼ出揃った時点で、見積額の高い業者の幾つかと話をつけていきます。

    ただ、強引さが目に余る業者は「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    買取対象となる車を業者が査定する際は、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、減点、ないし加点をして最適な査定額が提示できるようにしています。

    そこで必ず減点対象となるのは、誰が見てもわかるところで車体の傷やヘコミ、塗装浮きなどです。

    気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、むしろやらない方が良かったなどというケースも多いです。

    プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、型式が古い自動車の場合には一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと却って不調になることが多いのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    自動車売買に関する手続きの全部を行うことができる知識と暇があるのでしたら、車を個人同士で売買する方が最も高値で取り引きできる売却方法だと言えます。

    個人売買するときにいざこざが起きやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにきちんと名義変更の手続きを行うように念書を書くこと回避できます。

    後者の場合には1回目だけ支払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、一括払いだけで対応することでトラブル回避できます。

    所有者が自分名義でない車でも売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    一般的な契約で必要とされる書類のほか、この場合は現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    ただ、所有者が故人のときは、こうした書類を揃えることは不可能ですから、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    ケースバイケースではありますが必要書類の数も増えるのが普通で、時間も手間も余分にかかることは覚悟しなければなりません。