トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    逆にビビットカラーの赤や黄色などは人によって好みが分かれてしまうので、定番カラーよりも見積額をダウンさせられてしまう場合もあります。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングにより常に流動的なものですから、流行があれば一定の色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    一般的に、中古車査定業務において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型と大型車に分別されています。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格を与えられることがありませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということが分かってもらえるのではないでしょうか。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、名前などを書かずに査定を依頼したいという場合には名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、売却する際には、必ず個人情報の記載を求められます。

    車の買取会社は古物営業法に則り、契約を交わした相手の個人情報を記載しておく義務が発生するからです。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたり約10000キロと見積もるのが一般的です。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて値段がつかないこともあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、機構の状態がむしろ悪くなり、思わぬところが故障していることが多く、敬遠されることがあります。

    所有者が絶対に中古車査定の際には臨席しなければならないなどという決まりなどはありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを避けるためになるべく所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    今どき悪徳業者なんていないと思うかもしれませんが、悪質な例では、家族が立ち会っても所有者本人でなければ様子に疎いだろうと、こっそりキズをつけて本来の額より低い値段で買い取ろうとするケースも報告されています。

    タイヤの状態は中古車の査定時には買値に影響しないのが普通です。

    けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、積雪の多い地域でないとノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから販売する必要があります。

    結局、その手数料として差し引いた額が買取額となるので、できれば交換しておくほうがオトクです。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかし、車売却の時には、払った税金の残りがプラスに査定されますから、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと還付されると言うことはないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、買取査定に出すことはできます。

    ただ、通常の買取会社では絶対に買取可能だとは言い切れず、あまり査定額がアップしないケースがあることを知っておきましょう。

    改造車を売るならば改造車の知識が豊富で、改造車販売の道も持っている改造車専門業者に持って行くのが良いでしょう。

    程度にもよりますが、一般の買取店では出せないような高い査定額を提示してくれる可能性があります。

    基本的に自動車の査定時において、ボディーに目立つ傷や凹みなどがあるときには減点されます。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    修理の腕に長けていなければ、ちょっと見ただけではきちんと直っているように見えても専門家の目で見るとそれ程綺麗に修理されていないケースもあるのです。

    しかし、査定に出す前に修理に出すのが良い訳ではないので勘違いしないようにしましょう。

    きちんと修繕するために使った金額以上に査定額がプラスされることはなく、結果的に損をする形になる可能性が高いからです。