トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    大抵の業者は良心的ですが、ごくごく一部には、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。

    手口の例としては、見積もりを申し込む時に、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、業者の連絡先も繋がらないという詐欺があります。

    一般的に行う契約手続きを踏もうとしないで妙に早く車の明け渡しを迫る会社には注意が必要ですね。

    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、さまざまなキャンペーンを常に展開しています。

    キャンペーンの恩恵のほとんどは車を売却することでプレゼントされるのが普通でしょうが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    具体的にいうと、ネット上の特定のページから無料査定を行ったらポイントがたまるなどのケースがあります。

    ただで査定をしてポイントを貰い、実際には売却しなくても構わないため、査定だけでプレゼントが貰える場合があれば自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐに査定したい車の現在価格を見積もってもらえるのが中古車一括査定サイトのメリットの一つですね。

    自分の連絡先や車の情報などを入力することで時間もかからずに多くの買取業者からの見積もりがもらえて、これから売ろうとしている車の現時点での相場が分かるのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、記名せずに査定可能なページもあるようですので、このようなサイトを使うと便利でしょう。

    いつでもどこでもアクセスできるのがウェブ上の車買取一括査定サイトからの査定依頼です。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    ただ、ひとつだけ不自由に感じるところがあります。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    夜の方が都合が良いという人もいますし、迷惑かどうかは個人の事情にもよるのですが、連絡先の選択は注意するポイントです。

    業者に車を売却するときの心得として、あとでトラブルにならないためにも気をつけなければいけないことがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金銭面での記載についてはよく読んで理解しておく必要があります。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上で必要であれば質問して、納得してから契約に進みましょう。

    古い車を売却してから新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    電車やバスなどで凌げれば構わないかもしれませんが、どうしても車が必要だという人の場合は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    とは言うものの、中古車買取店ならどこでも代車の手配を業務の中に組み込んでいるわけではないので、次の車の納車まで間が空きそうなら、査定を依頼する際に代車の件は担当者に聞いておくと安心です。

    乗っていなくても所有しているだけで維持費がかかってしまうのが自家用車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら手放すことで家計はかなり節約できるでしょう。

    自動車維持にかかる費用の内訳は、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。

    これらを総合的に見ると、1年間で何十万円もかかっているケースもありますから馬鹿にならないのです。

    通常は自動車を売ると言ったら中古車買取店に査定に出すでしょうが、中古車買取店ではなくて個人に売るというのもひとつの方法です。

    中間業者が入らない分、売却する側はなるべく高く、購入する側はなるべく安く売ったり買ったりできるのです。

    両者が得をする売買形式であるとは言え、全部の手続きを個人同士が行いますから手間暇を惜しまない姿勢が必要になりますし、お金に関するいざこざが起きやすくなるのは否めません。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを少なくすることが出来るでしょう。

    中古車査定をするうえで、目につくキズや凹みが存在すれば見積もりの際に減額されることがほとんどです。

    このようなときに、自己流で修理してしまうのはあまり良い方法ではないのです。

    修理の腕に長けていなければ、ちょっと見たときには綺麗そうでも専門家の目で見たら綺麗には直っていない事もままあるからです。

    しかしながら、売却前に修理を通した方が良いということではないのです。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、手間がかかる割に損をすることになってしまうからです。