トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    そうは言っても、売る前に車検を実施しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、数は多くありませんが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    通常行われる手続きをせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    多くの買取業者に査定をお願いする事を一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、時を同じくして多くの買取業者に実際の査定をしてもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    よく車の買い時とも言われる決算直前の3月や、賞与支給から2ヶ月たった9月は懐も余裕があるため、販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    どこの販売店でもそうですが、売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    特に急いで車を処分する理由がないなら、9月というのはまさに売り時です。

    逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれどもどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかあらかじめ確かめておくようにしましょう。

    仮に有料だったとしても、事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に1万キロ前後と想定されています。

    年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    では走行距離が少ない車は高いのかというと、一概にそうとも言えないところがあります。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることが多く、敬遠されることがあります。

    買取業者に車を査定してもらう時は、自分で業者に車を乗り付けていくか、さもなくば訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    家に他人が来るのは構わないという状況なら、高額査定になりやすいという点で出張査定は利用者には有利です。

    休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと一度にたくさんの業者に査定に来てもらえますから、どうしても他社と競合せざるを得なくなり見積額があがって、売却価格がアップするわけです。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    自動車の売却などの際には、自分が充分に注意していても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げると通達される場合があるのです。

    売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    しかし、自分が何も悪くないときには、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、後から何か言われても了承する必要はないのです。