トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車の買取に関する場合のみならず、どんなジャンルの場合でも同様ですが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    数個の悪い口コミを発見しても、その悪いコメントだけに振り回されてしまうと最終的には何も手に付かずということになるかもしれません。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、査定時に自分で持った感想で判断していくことが自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    相見積もりを何時でも何処でも簡単に行えるのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それから、この相見積もりは、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売却希望車を実際に見積もってもらって、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    中古車の見積もり金額には、車の色もかなり重要になってきます。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、プラスの査定になることが多いでしょう。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は中には嫌がる人もいますので、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場により常に流動的なものですから、流行次第である特定の車体色が査定相場を引き上げることも考えられるのです。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を得るためにはそれなりの努力が必要です。

    それは意思表示です。

    つまり、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約するアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    商品となる車の引取りの日にちがここで決定するとなると業者としてはその後の補修や清掃といった販売前のスケジュールがほぼ本決まりとなるため、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉もスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    査定では改造車はどのような扱いになるのかと聞かれますが、状態やニーズ次第です。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、買い取って販売することを目的とする業者としては、迷わず減点対象にするはずです。

    ノーマルなら減点対象も少なくなりますから、改造車を売る際はノーマルに戻し、改造パーツは単品で売却するのがおすすめです。

    溝が減ってスリップサインが見えるほどになっても、わざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、中古車販売店の方でタイヤを交換することも極めて普通に行われているからです。

    そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響は所有者が思っているほどは「ない」ということです。

    タイヤを新品に替えたとしてもむしろ損ということになります。

    中古自動車売却に関して言えば、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で行っても良いでしょうね。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    軽自動車に関してはまた別で、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。

    たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、多走行車を優に越える走行距離10万キロ超の過走行車などは、中古車市場では敬遠される対象なので満足な値段がつかないことも珍しくありません。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、事故車でも過走行車でも引き取るという業者を探してみるのも良いかもしれません。

    その場合は使える部品や部位については査定してもらえるので、一般の買取業者のように値段がつかないということがないのです。

    専門業者と廃車ではそれぞれ異なるメリットがあるので、後悔がない方を選びたいものです。