トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    WEB上でどんな時でも一瞬で自分の中古車の価格を査定できるのが複数ある中古車一括査定サイトの利点です。

    車種や連絡先などの情報を入力するとあっと言う間にその車の査定金額をたくさんの会社から教えてもらうことができて、売却予定車の今の価格相場が分かってしまうのです。

    名前などの個人情報を極力知られたくない方は、名前を入力しなくても査定可能なサイトもあるので探してみましょう。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう要因となってしまいます。

    しかしながら、修理歴のある車が全部同じように修理歴車になるわけではないのです。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、車体やドアなどを板金で直してあっても特段に修理歴車という扱いにはならないのです。

    しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、おおまかに説明すると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、走行距離数がどのくらいであるかや、外装にキズがあるかどうか、車の内部の臭いや汚れの有無、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。

    準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

    また、パーツを交換しているなら可能な限り純正パーツに交換しておきたいものです。

    ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は加点評価してもらえるからです。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

    ウェブの中古車売却見積りサービスを使うと、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    見積り金額には幅があるから、現状確認をするために家にお伺いしたいという電話です。

    どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら別の会社と契約してしまったと答えるのが効くみたいです。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという一括査定サービスを利用するのも手です。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の買取査定を行うのが普通です。

    その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、車の走行キロ数といったところです。

    査定のプロが見るのですから、補修跡や事故歴などが目立たないように取り繕っても、隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    実際の査定に出して提示された最終的な買取金額は、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    日々変動しているのが中古車相場ですから、買取業者はどこでも一定期間の査定額保証期間を設けています。

    車の査定額を見せられたときに即決できないときはいつまでならその査定額で買い取りして貰えるのかきちんと確認するべきです。

    交渉次第で査定金額の補償期間が延びる場合もあるでしょうが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。

    半ば粗大ゴミのような状態になってしまっている、放置されて車検切れになっている自動車でも売ることは可能です。

    でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。

    なので、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。

    既に車検が終了してしまった自動車でも取り扱いしている買取店ならば、ただで引き取りに来てくれる業者がほとんどです。

    また、あらかじめ車検に出してから車を売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。

    事前に車検を通すためにかかったお金の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。

    自分で自動車を持っていると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    2年に1度は車検費用がかかりますし、自動車税は毎年、自動車保険代もかかります。

    ましてや、駐車スペースがなければ、パーキング代も余計にかかるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのかじっくり検討してみると、売却した方が結局は得かどうかがハッキリしやすいでしょう。