トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    ネット上の中古車一括査定サイトを使う際に気を付けなければならない事のひとつに、もしかすると一番高い査定額のところが絶対に良い訳ではないのです。

    多くの中古車買取業者の査定を見比べたときに、査定金額の平均よりも一段飛び抜けた高値を表示してくる店舗が存在したら気を付けた方が良いでしょう。

    その店での買取が決まったとき、中古車買取の契約が先に済んでから何だかんだと言われて事前に見積もった金額よりも実際の買取額が極端に低くなるかもしれないのです。

    たくさんの中古車査定業者から見積もりしてもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりを自宅などに居ながらにして出来るのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    さらに、この相見積もりの中には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に実査定をしてもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    中古車買取において、業者に査定依頼する際に必要になる書類は、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、特段、事前に何らかの準備をする必要性はないでしょう。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何種類かの書類が入り用になってきます。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは新しい住所や姓に直すための書類が追加で必要になってくるので、このような変更がある場合には、あらかじめ確認して準備しておくと良いでしょう。

    下取りではなく中古車買取業者に車を売却する際は、一括査定サイトに見積りを申し込むと、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    何度もしつこく電話を入れてくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変なら他社にお任せしましたと言うのがコツです。

    品物がないので諦めがつくのでしょう。

    さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のあるところに限定して見積りを出すというのもお薦めです。

    最近はいろいろな一括見積り(査定)サイトがあり、中古車査定もそのひとつですが、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    年更新でも分かる通り自動車保険は資産性はない商品で、満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、好条件を提示している他社があるのなら早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    その他の一括査定サイトと同様、利用するのには一切お金がかかりませんし、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を見ることができ、時間も手間も格段に減らすことができる点は魅力的です。

    車を査定する際には車の所有者が必ず同席しなければいけないといった決まりなどはありませんが、いなかったがために起こりうる不快なトラブルを回避すべく、夜間査定に対応する業者を探すなどして、所有者本人が査定に立ち会うべきです。

    トラブルの例としては、人が見ていないのを幸いとばかりにこっそりキズをつけて少しでも買取価格を安くあげようとすることもあります。

    中古車を売ってしまった後になって、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を告げられることがあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば非難される覚えはないのです。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、消費生活センターや国民生活センターなどへトラブルが起きていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。

    車の売却を勧める買取業者からの電話攻勢が激しくて辛い思いをするかも知れませんが、沢山の会社で査定してもらうことは少しでも高く車を売るためには有効な手段です。

    相場の知識がないと自分で業者と価格交渉する際に致命傷となりますし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    すぐに決めてくれれば高く買取いたします、などの営業文句に誘惑されてその場で売ってしまうのはなるべく避けた方が無難です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、なるべく高く車を手放すことができる最良の方法なのです。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    丁寧に清掃する方が良いわけは2種類あります。

    1つめは車の扱いが丁寧なオーナーであると業者にアピール出来る点です。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    ペットを乗せたり煙草を吸ったりしていた車は、この辺は程度にもよって違いますが大きなマイナスポイントです。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内を隅々まで掃除してあげれば嫌な臭いを軽くする事ができるのです。