トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大雑把に分類すると車種や車体の色などの基本性能、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    以上のような確認項目に該当したらその分マイナスしていって、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、買取希望者に提示される金額が決定されるのです。

    特段、中古車買取に限ったことではありませんが、ジャンルの如何にかかわらず言えることですが、否定的な口コミはあるものです。

    数個の悪い口コミを発見しても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    みんなの意見は参考にするだけで、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、その瞬間に自分が持った印象を判断材料にしていくことが最善の方法なのです。

    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、めまぐるしく査定額が変わるのです。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、初年度登録日からの日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    売り払うことを決めたら一日でも早く行動した方が断然高く引き取ってもらえることの方が多くなるでしょう。

    思い立ったら時間を問わず可能なのが、インターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    わずか数分の手間で何十という買取業者の査定額を確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、年中無休や深夜早朝に対応した買取業者から夜だというのに営業電話が殺到することがあるからです。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、引取り額が低くなるのは避けられません。

    では中古車買取業者に査定依頼するとどうなるのかというと、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、高値で車を売却する秘訣といえます。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    一社にしないで複数の買取業者に見積もらせる意義は何かというと、相場を知って買い叩きを回避するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    本人が納得できるようなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと結果的には問題がないということです。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、一定の条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    気になる条件とは、自賠責保険の残りが一ヶ月以上で車を廃車にするときです。

    売却するときはお金は戻って来ません。

    更に、保険金の還付があったとしても自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    自らが保険会社に対して手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    思いつく限りの業者を当たってみても値段がつかないような時は、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、時間と手間を考えると廃車業者に売るほうが格段に簡単です。

    廃車業者を利用するメリットは、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    中古車を売ろうとするときには、あらかじめ故障している場所があるなら正直に申告するようにしましょう。

    しかしながら、あらかじめ故障箇所を修理する必要はないのです。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、事前に修理したからといって反対に損をする結果を招くケースが多いようです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と個人で修理に出したときのお金では、買取業者が修理依頼する方がかなり安くなるのです。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。