トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために電話やメールは記載しなければなりませんが、個人情報はできるだけ開示したくない方は積極的に利用すると良いかもしれません。

    また、連絡先すら秘密にしたまま中古車の相場金額が分かるものとしては、製造メーカーのサイトで車種等の情報をフォーマットに入力すれば、おおよその相場を知ることができます。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できなかったときには、売却を断っても構いません。

    多数の業者に査定してもらいなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    でも、契約書を交わしてからのキャンセルはできないか、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    さらに、同様の理由でカーナビ非搭載だと低く見積もられる場合も出てきます。

    車の中がきれいに掃除してあったり、前もって洗車して磨き上げたところで、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    といっても、利点がないわけではありません。

    査定時に車がきれいだと、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    簡単ですし新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、安めの価格になってしまうという欠点があります。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    新しい車を買う時に古いほうが不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    同時に売却と購入ができてしまうため、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

    ただし、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつく傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    高値売却を望むのでしたら、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    自動車を売却してすぐその場でお金を受け取って帰りたいときには、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    大々的に即金対応可能と明言していないところでも、中には相談すれば即金対応してくれるところもあります。

    でも即金で対応してもらうと言うことは、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。

    即金対応を重要視するのか少しでも高く売るか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が上回るのであれば即金対応にこだわってしまうのはあまり良い傾向とは言えないでしょう。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。