トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    あちこち中古車買取店舗巡りをせずに、インターネットサイトで車を査定できるものは数え切れないほどあるといって良いでしょう。

    もっと具体的な査定額に関して言えば現実的に担当者がその車を査定してみないとなんとも言えないところはありますが、その車の見積金額を一度にたくさんの業者から取り寄せることができますから、今の時点で自分の車が概算で幾らぐらいするかが分かります。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を除外して、その他の店舗で実際に売ることができるので有益だと言えるでしょう。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、見積額が少々上がるという噂が巷には存在するようですね。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして車のボディーの傷や汚れなどが見にくくなるから有利であると言うのが理由となっているようです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    反対に、自分がミスしたときのことを考えに入れて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、たとえ嘘をついて査定してもらっても査定スタッフには嘘だと直ぐにバレます。

    車体のキズなどが軽く、完璧に修理されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、事故車や故障車を専門に扱う中古車買取店に持って行くと良いでしょう。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年に普通、10000kmが目安と言われます。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって買取査定の際にはしっかり減点されます。

    また、過走行車といって走行距離が10万キロ以上の車はタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと却ってパーツが劣化して故障寸前になっている場合があり、あまり歓迎されません。

    業者が提示した買取額で了解し、実際に売却する手続きに入ると売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。

    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル証明と自賠責保険証、そして自動車税納税証明書の用意は必須です。

    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車は三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は日本車とは比較にならないほど少数で、取引の実績値に乏しく、買取業者としても値付けが難しいからです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    中古車買取りでは無料一括査定サイトがいくつもありますので、上手に使うとわずかな手間で一気に多数の見積りを入手できます。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、じっくりと確認することが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。

    何社にも査定を頼んだのにタダみたいな値段しかつかないときは、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    プロに頼む利点は、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、手間がかからないのが良いでしょう。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであれば中古車買取会社に査定をお願いする方が良いですね。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、自らの力で査定額を高くすることも出来るようになるでしょう。