トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    車を手放そうと決めたならば、最初にした方が良いことといったら、その車が今大体どの程度の資産価値があるかを知ることです。

    今の査定相場金額を知ることで異様に安く買い取りされる危険性をグッと低下させることができますし、車の査定相場よりも高い金額を提示してくれた会社にすぐにそこで取り引きをする判断を下すことも簡単になってくるでしょう。

    インターネット上に中古車の一括査定サイトがあるので、そのサイトを利用すれば自分の車の相場価格が分かります。

    インターネット上の無料中古車一括査定サイトを利用するときにデメリットになることは、一括査定サイトに登録されている会社から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、仕方ないことだと言えなくもないのですが、非常にしつこく困ってしまう場合には、現実的に売却予定が立っていなくても「もう手元に車はありません」と言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    大企業の中古自動車販売店においては一般の方向けの車査定アプリケーションを考案してリリースしていますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくても簡単に中古車の査定が可能になるアプリです。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、目の前にある査定対象の車の過去の修理の有無が分かる機能がついているケースが多いです。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して買値に影響しないのが普通です。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。

    スタッドレスは高価ですが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的には業者は通常のタイヤにつけかえてから販売する必要があります。

    結局、その手数料としてあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    買取業者が車の代金を振り込んでくるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、実印がなかったり必要書類が不足していれば契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、書類を整えておく必要があります。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、注意してください。

    また、住所や姓などの個人情報が変わっている人も別途書類が必要になります。

    実際に車を見て査定してもらう際に、買取業者のところに車で行くのではなくて、家などに出張して査定してもらうやり方もあり、利用する人も少なくありません。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無償で出張査定を行っています。

    出張査定であれば同時に多数の業者に訪問してもらい、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    契約をとるためには金額は高くつけざるを得ませんから、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことはあまり意味がありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    「自賠責保険」は自動車を所有する全ての人に加入が義務づけられています。

    これは、一定の条件を満たせば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    一定の条件というのは、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    さらに、還付金がある場合でも手続きなしに入金されるという事はないのです。

    自分自身が自賠責保険会社に対して手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。

    それは、普通自動車を売却しないで廃車にしたときです。

    逆に軽自動車については別途決まりがあって、自動車税は戻りません。

    そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    できれば売却する前に確認をとっておいた方が良さそうですね。