トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    自分が所有している車のおおよその査定相場をチェックしたくなったら、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトを活用してチェックする方法も存在しますが、メーカーのホームページ上で査定金額の参考値を調べることができます。

    自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種および年式のみで査定金額を知ることが可能なところもあるようですので、一括査定サイトを活用した場合のような営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    過去に修理を行った形跡がある車を修理歴車と呼びます。

    この修理歴車は査定時に大きく減額されてしまう要因の一つになるのです。

    そうは言っても、過去に修理したことがある車がすべて修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、以前板金などを行って修理したことがある車は査定の際にマイナスされる可能性が高いです。

    オンラインで自分の車の価値を査定することができますが、それは、やはり簡易的なもので導いた金額になっています。

    自分と全く同じ車種の同じ年式の車だったとしても、一台一台状態は同じではありませんから、詳細な見積額というのは中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    そういうわけで、ネットで前もって調べた通りの査定額が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、前もって知っておくと良いでしょう。

    走行距離数が一定以上の車というのは、中古車業界では減点査定の対象となります。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったものではありません。

    ここは視点を変えてみましょう。

    中古車買取店の中には過走行車をメインに扱う業者というのもありますので、そこに査定を頼むと使えるパーツ単位で計算して相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    できるだけ多くの買取業者に見積りを出してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

    しかし「多くの業者」と言っても具体的な数となると、一概には言えないところがあります。

    だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、比較検討するためと、競合を行わせ価格のつり上げを図ることです。

    これらの点を踏まえれば、査定は何社から受けようと問題ないのですが、査定額には有効期限があるので長期化は禁物です。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、あとに残された選択肢は多くはありません。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして流通させるのがどちらかといえば本業です。

    手間はかかりますが独自の販路を持っているがために、他社が断ったような車も値段をつけてくれるのです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    中古車買取店に車を売るために複数の会社に一括して査定を申し込めるサイトなどを利用した場合、やたらと営業電話がかかってきて驚きますし、度が過ぎれば対応しきれないこともあります。

    そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、同じ査定サイトでもメール連絡のみのところから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    強引な業者ともなれば夜中でも朝でも仕事時間中でさえも常識を考えずに連絡を繰り返してくることもあるようです。

    それなら最初からメールのみにしておけば、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    中古車買取店の決算月やボーナス時などのように、中古車を通常よりも高値で売りやすいタイミングはあるのです。

    市場で需要がアップするときには同時に買取の相場も高くなります。

    高く売れるタイミングがあったとしても、自動車を売却しようと思ったときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、これらのタイミングまで待った方が良いわけではないのです。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    普通自動車ではなく軽自動車の場合には、税金の還付はありません。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    税金分を上乗せしてくれる業者があると言っても、税金分の扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。

    じっさいに売ってしまう前に必ず聞いておくと良いでしょう。