トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却予定の車に傷などがある場合にはマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    事前に自分で修理しても、修理に要した費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    もちろん程度問題ですが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    タバコを吸っていたことが明らかに分かってしまう車は、タバコを吸わないユーザーには絶対的に売れないからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    中古車買取の業者に実際に出向かなくても、車の査定をネット上で可能なサイトはたくさん存在しています。

    より詳細な見積価格については本当に売却する車を査定してみないことには算定不可能でしょうが、一瞬で多数の店舗の査定を受けることができるため、自分の車が現時点でどの程度の資産価値があるのかが分かって大変参考になります。

    それから、極端に相場と違う価格を付けてくる店舗を実際に車を売る店から除外することが可能です。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると金額的に有利だという意見は根強いようです。

    光源が少なくはっきり車を見ることができないので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。

    しかし雨天で隠れる程度の小傷が査定に影響するでしょうか。

    それより、査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でもなるべく多数の業者から見積りをとるほうがずっと良い効果が得られるでしょう。

    来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、おのずと査定額も上がってくるというものです。

    雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、総じて車のアラが目立たないので査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども買取業者もそれは承知なので、いつにもましてしっかり見ようと努力もするでしょう。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは晴天ではさらに美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしてもどちらが良いということは言えませんのでそこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    どんなに努力したところで、査定の専門家から見れば車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    虚偽申告は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    査定では誠実に告知することが求められますから、虚偽申告は法律上では告知義務違反に相当する大問題で、いずれは契約破棄、減額、全額返金要求といった事態を招くだけです。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて自動車を売る前に車検をする必要性は低いのです。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自分で車を所持しなくてもそれ程大変ではないのならば売り払ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

    維持費の内訳を見てみると、毎年負担をしなければいけない自動車税や保険料、二年に一度支払う車検代、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。

    全ての合計を見ると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    自己所有の中古自動車を査定に出す際には、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    このような場合、自分の判断で修理するのはあまり勧められませんね。

    修理の腕に長けていなければ、ちょっと見たときには綺麗そうでも修理箇所を専門家が見たらそれ程きちんと直っていない場合も多いのです。

    そうかと言って、実際に売りに出す前に自分で修理を依頼した方が良い結果を生むということとは違いますから注意しましょう。

    プロの腕で修理した費用分以上に見積額が高くなるとは考えられず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。