トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却予定の中古車を査定するときには、例えば、カーナビなどの付属品があると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    また、カーナビが付いているのが当然の時代ですから、カーナビシステム非搭載の時には査定額をダウンさせられてしまう可能性もあるでしょう。

    以前事故や故障を起こして修理などをしたことがある車というのは、もし嘘をついて中古車買取の査定に出したとしても瞬時に判明してしまいます。

    車体のキズなどが軽く、適切な修復がされているようならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、隠そうとせずに正直に伝えることが大切ですね。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に値段が付かないと査定された場合には、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも走行距離数がどの程度かは大変重要な問題です。

    大抵の場合、走行距離が長くなるにしたがって査定額はどんどんダウンします。

    5万kmを越えた車は多走行車という名称があり、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    走行距離数が10万キロメートル以上の車は走行距離オーバーの「過走行車」という扱いになって、査定金額がつかない場合も多いです。

    誰でも愛車は高く売りたいものです。

    業者から競合見積もりを出してもらいたければ、インターネット上の中古車買取一括査定サイトをうまく使うに越したことはありません。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。

    欲しかった査定結果が提示されたら、査定額の高いところから順に価格や条件の交渉をします。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは対象から外しておいたほうが無難です。

    こちらに非のない状態でぶつけられたりして、自分の車が大破。

    それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古車買取に出す際は事故車扱いになりますから、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。

    原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

    また、保険会社としては当事者間で話し合いがついたとしてもそこまで支払い対象にすることはまずありません。

    どうしてもというのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士のアドバイスも仰ぎ、次のアクションを起こしましょう。

    延べ走行距離が10万キロ近いかそれ以上の車は、俗に「過走行車」と言われます。

    中古車買取業者に査定に来てもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている業者に相談するという手があります。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側は「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。

    中古車市場での需要が高まる季節には一緒に買取価格も上昇するからです。

    しかしながら、車の売却を決めた時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、それらの時期が来るまで待つのが得策ではないのです。

    売る時期が遅くなればなるほどに車の年式は上がっていきます。

    相場上昇によって恩恵を被るよりも、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。

    自動車に掛かる税金の話をすると、車の所有車に対して一年分の請求が来ます。

    そして毎年4月1日の時点での所有車に対してかかってきます。

    しかしながら、車を手放すときには、払った税金の残りがプラスに査定されますから、勿体ないと感じることはありません。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。

    充分な心構えを持っていたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    愛車の売却時に散見される事案として、売ることが決まってから「実は問題点が見つかりました」等の話をされて買取額を目減りさせる時があるので要注意です。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば責任があるのは自分側です。

    そのようなことがないケースでは、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、自ら承服する必要はないと言えます。