トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    事故車などの修理の履歴は、隠して買取査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    車体のキズなどが軽く、適切な修復がされているようならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    都合で買取店に行く暇が取れない人でも、インターネットサイトで車を査定できるものはたくさん存在しています。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は現実的に担当者がその車を査定してみないと一概には金額を言えない状況もありますが、数多くの会社の査定金額が瞬時にわかるので、今の段階でその車がどの程度の価格であるかの相場を知る上で有効な手段です。

    もっというと、極端に相場とズレた値段を提示してくる業者を候補から外して、それ以外の業者と取り引きしようと考えることも出来ますね。

    何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを通常は相見積もりと呼ぶことが多いです。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、Webで利用可能な車の一括査定サイト。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同日同時刻に多くの査定スタッフに実査定をしてもらって、査定金額を提示してもらうという意味もあるのです。

    これを嫌がる買取業者も中には存在しますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして5年落ち、10年落ちなどと呼びます。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく車検証の「初度登録年月」ですから要注意です。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば値段がつかない車も出てきます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、購入者視点で考えるとその中でメンテの行き届いた車を見つけることができれば、本当にラッキーです。

    改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、実際に車を見てみなければ何とも言えません。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば査定はプラスになるでしょう。

    ただ、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、マイナス評価が入ることもあります。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、減点の対象となります。

    そのような結果にならないよう、査定時には車はノーマルに戻しておき、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に気をつけなければいけないことがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容はサイン(押印)した時点で効力を発揮します。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金銭面での記載についてはかなり注意して読まなければいけません。

    口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上で契約するのが本来あるべき姿なのです。

    車を売ろうと思い立ったら、ネットで無料中古車一括査定サイトを検索して利用すると、売ろうと考えている車の価格相場が一瞬で把握可能なのでとても便利でしょう。

    相場価格は知ることができますが、現実にいくらで売ることができるのかは実査定を終了するまでは知ることが不可能です。

    売却予定の車にあとどれくらい車検期間があるかや、外装や内装の状態などによって、査定額は大きく変わってきます。

    車を査定してもらうときには、無料中古車一括査定サイトで出た金額を頭から信用するのも良くないかも知れませんね。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    愛車を売ろうという場合には走行距離数が少ない方が有利です。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと却って不調になることが多いのです。

    走行距離数があまりにもその車の年式と釣り合わないと、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。

    これは、普通自動車を売却しないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。

    反対に軽自動車に関しては、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。

    そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    いくら良心的な業者が存在するといっても、自動車税の取り扱いをどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。