トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    でも、それを避けようとして前もって自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    個人修理しようとするよりも、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    中古車売買における車の査定基準というものは、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで多少なりとも査定金額はアップするでしょう。

    事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、はじめから正直に答えましょう。

    先に述べた査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、見積金額を算出します。

    売却予定の中古車の査定額が低下する要因には幾つかあるのですが、必ず大きく見積金額を下げてしまう原因になるのは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。

    車によっては査定金額が0円まで低下する場合もあるのです。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、その大きな傷を修理して直したのが修理歴車です。

    訪問査定で車の現物を見る際、たとえ掃除済みだったとしても車内がタバコ臭かったり、ペットの臭いなどがあればどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    さほど臭わないと思っていてもいつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、わからないということもあります。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    芳香剤や消臭剤、消臭スプレーといった「隠す系」のものでは消し切れるものではありませんから、拭き掃除を念入りに行い、付着したニオイ成分を除去するようにしましょう。

    査定結果に納得し、実際に売却する手続きに入ると必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意しなければいけません。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときはよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法は中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて金額を競わせ、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    ディーラーの下取りサービスを利用する場合は、競合する相手がいませんから安く見積もられてしまう可能性もあります。

    とはいえ、同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。

    どちらを選ぶかは車の持ち主次第です。

    実査定に出して提示された中古車の査定額というものは、いつまでも変わらず同じ値段で買い取ってくれるわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、期限付きで査定金額の補償をしてくれる買取店が一般的です。

    査定金額を示されたときにその場で売ることを決心できないときには提示された査定金額通りに買取をしてくれるのは何時までか充分に注意しておくようにしましょう。

    保証期間に関しては交渉次第と言う部分もあるのですが、長期間同じ値段で買い取ってもらいたいと言うのは難しいでしょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、年式が旧型ならば年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買取専門店に査定に出すときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。

    走行距離が短い方が有利ですが、機械は長い間動かさないでいるとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    車の年式に対して極端に走行距離が少なすぎる場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    自分ではきちんと注意していたとしても、前もって予測することが不可能ないざこざに巻き込まれてしまうことがありますね。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げると通達される場合があるのです。

    契約後に問題が見つかったと言われたとき、売り手側が事故などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、見積もり時に見落とした方が悪いので、自分に落ち度がない以上認めなくても構わないのです。