トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    大方の業者には当てはまらないことですが、その数は多くないのですが、中には極悪な買取業者もあるのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、「見積もりを出した後で直ぐ車を運んでも良いならば価格アップしましょう」などと言われて、売却希望の車をなるべく早く引き取りできるように希望されて、その車を明け渡した後で料金を支払わずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    決められた一定の契約手続きを行おうとせずにせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。

    ウェブ上の中古車一括査定サイトの中には、個人名を書かなくても見積もりを出してくれるサイトも存在していると言います。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、結果を知る連絡手段だけは記載しなければなりませんが、できれば最小限の個人情報しか教えたくないケースでは良いでしょう。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、手持ちの車の車種や年式などの情報をメーカーのサイトに入力すると、現時点でのだいたいの価格相場を把握することができるでしょう。

    そうは言っても、本当にだいたいの値しか出ないので、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草の臭いが車内からするときには中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    車内に喫煙の後が残っている車は、煙草を吸う習慣のない人には絶対的に売れないからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、内装のどこかに付着しているヤニ汚れですね。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無は不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    もともとチャイルドシート自体は需要が高いため、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、あとひとつは修理費が車両保険で賄えない状態になってしまった経済的全損です。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、流動的な市場評価額を基準にどんどん変わっていきます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は適正な金額を算定します。

    しかしながら完全というわけではないでしょうから、相場と違うのではと思ったら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、いわゆる過走行車という扱いになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    こうした車は普通の中古車と同じ売り方をせず、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    当然かもしれませんが、自動車を欲しがる人が多数いる季節の方が、売る方からみても高値取引のチャンスと言えるでしょう。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、待ったなしで自動車の買取金額も上がるのです。

    俗に決算月と呼ばれる3月と9月は中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、自動車売却時の価格交渉も自分に有利になるように行える場合が多いと言えます。

    さらに9月は、夏のボーナスが出てから時間も経っていないため順調な売れ行きを見せることが多いため売り時と言えるでしょう。

    いっぺんに多くの中古車買取業者に予約を入れて、同時刻に一様に査定してもらうことを相見積もりと呼びます。

    相見積もりによるメリットは、価格競争を起こさせて査定額を上げることですね。

    なるべく相見積もりはしたくないという業者もいますが、快く相見積もりを引き受けてくれる買取会社は車購入の意思が大きく、業者間の査定額競争が厳しくなることを期待しても良いと言えますね。

    相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために抜群に効果的な方法なのです。

    車検を通らないような改造をしてある車でも、買取査定に出すことはできます。

    しかしながら、一般的な中古車買取業者では買取が成立することは約束できませんし、査定額をダウンされることを前もって知っておくとベターです。

    改造車を売ろうと考えているならばきちんと知識があって、専門の販売ルートを確立している専門の店舗に持ち込むことを選択すると良いですね。

    自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。