トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    今持っている売却予定の車に全く馬鹿にしているような査定金額を出されたら、売却は不可能だと正直に話しても良いのです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    最初の段階の見積もりでは納得できないと伝えるとそう言った時から査定額アップの商談が始まるケースもあるでしょうし、より高値で査定してくれる会社がないとも限りません。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    買取店から出された中古車査定金額に自分が納得できなかったときには、売るのを止めても特に問題は発生しません。

    多数の業者に査定してもらい1円でも高く売れるところを確認してから契約する方が賢い選択です。

    でも、契約書を交わしてからの売却キャンセルは受け付けて貰えないか、キャンセルできても賠償金を請求される事が多いでしょう。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、これから査定に出すぞというときになるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、隠し通すことはできません。

    しかしながら、付着した臭いや汚れなどに関しては個人の力である程度はキレイにすることができますよね。

    とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、臭いが残留していると低く査定されることが多いことを覚えておきましょう。

    基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して価格に対する影響が少ないものです。

    しかし、冬用のスタッドレスタイヤのままよりは、面倒でもノーマルタイヤに戻した上で売るべきです。

    タイヤの価格でいえばスタッドレスのほうが高いものの、冬場に路面に雪が残るような寒い地域以外では普通タイヤに交換してから中古車市場に流通させるという余計な手間がかかります。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分をあらかじめ査定額から引いているというわけです。

    出張査定を買取業者に依頼すると、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。

    ここで即決なら買取金額を幾らアップしてもいいなどという熱烈な口上は、すべて営業手法ですから、即断するのは間違いです。

    車を売却する際はより多くの買取業者から見積りを集めるのが良い査定額を引き出すコツなのです。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、検討材料が揃って納得がいってから取引の交渉に臨むのは当然のことなのです。

    中古車を売る際の最初のステップは、業者に査定を依頼することです。

    ウェブで簡易査定を受けた後、実車査定が終わると正式な価格が提示されます。

    特に値付けに問題がなければ、印鑑や必要な書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった最終段階の手続きを行ったあとで売主の口座に買取代金が振り込まれ、売主は契約通りの金額かどうか確認し、売却手続は終了します。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    売却の第一歩は査定です。

    まず査定サイトで車のデータを登録し、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取業者による現物査定が行われ、実際の査定額(買取額)が提示されます。

    思ったより低い額なら断って別の業者に来てもらうこともできますが、いずれにせよ価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    引渡日当日になったら業者に車とカギを渡し、移転登録等の手続きが終わってから代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    中古車を売ろうとするときには多くの書類を提出しなければいけません。

    何点かの書類が必要だといっても、車関連の書類をなくさずにひとまとめにしていて、なおかつ住所の変更や姓の変更がないのであれば、新しく必要になるのは印鑑証明書だけです。

    印鑑証明書は所有する車を手放す際だけでなくて自動車購入の際にも入り用になってきますから、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    また印鑑証明書の有効期限は発行した日から3ヶ月間となります。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々手続きが順調に運ぶことになります。

    自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。