トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    出来るだけ高い値段で自分の中古車を売るためには、一軒だけの見積もりで納得してしまわずに多くの会社へ査定をお願いするのが手っ取り早い方法です。

    他社の見積金額を見せて交渉することで査定額が変わることも往々にしてあるのです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには一括査定サイトの利用が便利で良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところは詐欺かもしれないので気をつけましょう。

    色々な中古売買のジャンルにおいて同じ事が言えると思いますが、査定額の相場は日ごと上下が激しいです。

    オープンカーは夏場に相場が上昇するなど、どのような車を売却するかによって、高値で売れる時期、または地域性などがほとんど決定されてしまうこともあるわけです。

    しかし、どんな車種でも言えることは、大概初年度登録から経過した日数が早いほうがその車の価値は上がるということです。

    じっさいに車を手放すならば幾らかでも早めの行動をする方が高額査定してもらえることでしょうね。

    車の査定の仕事をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと与えられませんから、この資格を持っていると言うことは、査定スキルが一定以上のレベルにあるということがお分かりになるでしょう。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、業者による買い取りの際は値段が安くなりがちです。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、買取業者としても値付けが難しいからです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、数多くの買取業者から見積りをとって比較することです。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、わずかな手間で一気に多数の見積りを入手できます。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを引き出す秘訣は何だと思いますか。

    ただヨロシクお願いしますではいけません。

    提示金額次第ではここで契約してもいいという雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンもこれからの販売見込みがほぼ本決まりとなるため、お互いに金額交渉が円満にまとまる率が高いのです。

    走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。

    総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、価格がつかないこともあります。

    ただ、車が全く売れないということをここで書くつもりはありません。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、きちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

    ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。

    白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、査定の際に金額がアップすることが予想されます。

    その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。

    白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、車の評価が高くなることは望めないでしょう。

    査定の際に流行のボディカラーであったとしても、流行は一時で、買い取ってから売るまでには流行が廃れているかも知れないからです。

    近年市販されている車ははじめからカーナビシステムがついているのがほとんどと言えるでしょう。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って評価してくれる可能性が高くなります。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買い取りに出す前に外してしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。

    支払った自動車税が月割りで戻ってくるのは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にすると戻って来ます。

    反対に軽自動車に関しては、税金の還付はありません。

    そうは言っても、税金の残り期間がかなり残っている場合は、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについてきちんと説明してくれる買取会社ばかりではないでしょう。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。