トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でへこみやキズを直すことは勧められません。

    個人で修復したからといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    買取希望の車を自分で直すより、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    中古車の査定価格には、車体の色もかなりの比率で関係してきます。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定額が高めに出る傾向があります。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は中には嫌がる人もいますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    でも、査定金額はその時点での中古車オークション相場によりけりなので、流行があれば一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを売りに出していますが、プロ向けの業務用査定支援アプリケーションもあるのです。

    この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくてもこれを使用すれば査定がしやすくなるでしょう。

    業務用の査定支援アプリと専用機器を一緒に使うと、査定対象車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを分かる機能がついているケースが多いです。

    どんなこともそうですが、準備さえ怠らなければ訪問査定も気楽に受けることができる上、より良い値段をつけてもらえることも多いです。

    例えば掃除なら、誰にでも出来ることです。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    査定では純正のほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

    あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    これから売る予定の車のホイールが純正品でない場合は、実際に査定を受ける前にメーカー純正品にしておいた方が良いかもしれません。

    例外はあるかもしれませんが、メーカー純正品だと査定に加点がつくことが多いです。

    状態が悪ければ意味がないのでできるだけ倉庫やひさしのある屋外で保管すると良いでしょう。

    程度の良い別メーカー製ホイールはフリマアプリなどで高値売却できる場合も多く臨時収入も期待できます。

    年間走行距離数はだいたい1万キロというのが相場です。

    走行距離が50000kmを超えたあたりで多走行車という扱いになって業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、10万を超えた車は過走行車と呼ばれて金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることが多く、敬遠されることがあります。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではさほどプラス査定にはならないのです。

    しかし、査定価格が上がらないからといって、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    車検にかかる費用と査定価格に上乗せされる価格とでは、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは一定の条件が整えば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    その気になる条件ですが、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    売りに出すときには還付の対象から外れます。

    さらには、還付金が生じるケースでもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自らが保険会社に対して書類の手続きをして還付されるものなのです。

    それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合、古い方の車に値段をつけ、売却代金に充当するのがディーラーによる下取りです。

    同時に売却と購入ができてしまうため、買取業者を利用するのにくらべると単純に考えても手間は半減しますし、気楽という点ではこれ以上の方法はありません。

    けれども、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつく傾向があり、特に「言い値」の下取りでは損をすることも多いです。

    安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。