トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売っても良いかと考え中の中古車にこのような値段では売るのは嫌だと思うような金額を出されたら、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    中古車の見積もりを出してもらいに行ったとしても、実際に絶対に売却すべきであるという決まりは何処にもありません。

    一番はじめの査定金額では嫌だと言うとその時点から価格を上げるための交渉が可能になるときもありますし、そこ以外の店舗に行けばもっと高い査定をしてくれる可能性もあるのです。

    嫌なら遠慮しないでノーと言っても構わないのです。

    車の査定の仕事をする場合に必ずしも必要な国家資格などは存在しないのですが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格取得が叶わないので、この民間資格を所持しているならば、ある一定以上の経験や技能があるということの証明になると言って良いでしょう。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合の短所には、査定サイトに登録されている中古車買取店舗から電話攻撃が一斉に始まることがあります。

    自分からサイトを利用してアプローチしたわけですから、一概に悪いことだとは言えないでしょう。

    しかし、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、車を売る決心をしていなかったとしてももうすでに売却してしまったのだと言うことが一番楽に断る方法でしょう。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    もっとも手軽で車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。

    しかし、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    一社でなく複数に査定してもらえるため、買値アップが期待できます。

    どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、高めの査定がつきやすいという噂があります。

    しかしながら、見落としやすいからこそ「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は晴れた自然光の下では断然見栄えがします。

    ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれこちらが絶対有利なんてものはないですし、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    もはや修理もできない状態の車を「全損」と言いますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    保険の支払額というのは時価計算で、その時々の市場相場に基づいています。

    JAAI(日本自動車査定協会)が発行するデータブックを使い、保険会社は相場の現況を知るようにしています。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    いわゆる事故車だとか過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、市場のニーズが見込めないため、業者側でも値段をつけられないというのが実状です。

    しかし諦めるのはまだ早いです。

    廃車(永久抹消登録)にして「鉄代」を解体業者から受け取る方法もありますし、そういった車の扱いに長けた専門業者に依頼するといった手段も残されています。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに見積もって買取価格を提示してくれるのです。

    税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、結果的にトクする方を選んでください。

    売却予定の車の現物査定は、直接その車に乗って買取店に行って見てもらうか、あらかじめ予約した時間に家まで来てもらうやり方とがあります。

    自宅に業者が来ても構わないのであれば、高額査定になりやすいという点で出張査定は売る側にとってはありがたいサービスといえるでしょう。

    休日に買取店を車で回るとしたらせいぜい3店位ですが、出張だと数多くの業者による同時査定も可能ですから、どうしても他社と競合せざるを得なくなり見積額があがって、高値売却が見込めるのです。

    残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

    当然ですが車検切れの車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではほぼ査定額に影響を与えません。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検の為に支払う費用と査定時に車検を通したことによってアップされる金額とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。