トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると査定額が高くなる傾向にあります。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビは標準装備になっていることが多いため、新しい型のカーナビシステムが付いていないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因となってしまいます。

    かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが修理歴車の扱いを受けるというものでもありません。

    ボディーの骨格相当部分に修理が施されていなければ、板金でドアを直してあったりボンネットのへこみを直してあったりしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、修理した痕跡がある車については査定時に減額されることが多いと覚えておきましょう。

    普通にしていても勝手にできてしまうほんの少しのへこみや薄い傷などは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、気にしすぎる心配はないでしょう。

    反対に、爪がかかるくらいのキズや目でハッキリ分かるへこみがある場合、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、マイナス査定されるのを避けようとして自らお金を出して修理してもその修繕費用よりも査定金額が上回ることはないでしょう。

    パーツを交換したり付加するといったいわゆる改造車は、中古車市場ではあまり良い査定を得られないと言いますが、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら場合によっては加点も期待できます。

    とはいうものの、残念ながらパーツの劣化が激しい場合は修理や撤去の必要もあり、業者としては手間がかかりますから、マイナス評価が入ることもあります。

    それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、減点の対象となります。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、まだ需要がありそうなパーツならそれだけを売る方が金銭的にはオトクです。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、同じ全損にも2通りあります。

    ひとつめは言葉のイメージ通り大破した物理的全損で、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    自動車保険の給付金の金額というのは、生命保険のように確定しているものではなく、その時の市場の評価額を元に算定されます。

    日本自動車査定協会発行のリファレンスなどで保険会社は支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、きちんとした説明を求めるべきですし、改善してもらう点でもあります。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    納得がいかなければ断っても構いませんし、それで良いと思ったら言われた書類を整え、業者の用意した契約書に署名捺印します。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった一連の手続きを経て指定した口座にお金が振り込まれ、売却に関するすべての作業が終わります。

    中古自動車売却に関して言えば、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    車を売却するときは不要でも、新しく車を買ったときには、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分で行っても良いでしょうね。

    車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    自動車に掛かる税金の話をすると、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。

    しかし、車売却の時には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、損したと思うようなことはないのです。

    しかしながら、自動車重量税に関しては廃車にでもしない限り還付されると言うことはないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    簡単な項目を入力するだけで瞬時に査定額が分かるネットの中古車一括査定サイトは、車を手放そうと考えているときには大変役に立つツールです。

    無料一括査定サイトを利用すると直後から車を売るように勧める電話攻撃が始まるでしょうが、不要な買取会社へは「すでに売却済みです」と言ってしまうことで売却を勧める電話を止めることが可能になります。

    売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

    しかしながら、査定相場よりもやたら高い金額を示す業者は何か裏があるかも知れませんので気を付けた方が良いでしょう。