トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    車体に凹みやキズがある中古車は査定額が下がるのが普通です。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、個人で直すのにかかった経費より多く見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    個人修理しようとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が修理費用を低くできてしまうから、買取金額をアップしてくれる可能性は低いのです。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    販売店のスタッフの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、買取相場よりもずっと低く売る羽目になる場合もあり得ます。

    実際の査定の前に適正な査定金額が大体このぐらいの金額になると確認しておき、下調べした金額よりも安く言われたときに自分の方から駆け引きするつもりでいるとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    大抵の業者は良心的ですが、その数は多くないのですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、査定した後に直ぐ車を持ちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。

    通常行われる手続きをせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    備えあれば憂いなしと言いますが、車を売ると決めたら段取りをしておくほうが、訪問査定も気楽に受けることができる上、買取額が増える可能性もあります。

    丁寧に使ってきたことをアピールするためにも掃除は欠かせません。

    それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、本来のパーツに戻しておくことが大事です。

    査定では純正のほうが加点評価してもらえるからです。

    最後に、もしなるべく短時間で売却したいという時は、必要書類をあらかじめ用意しておくのも大事です。

    査定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、書類をそろえる必要があります。

    普通乗用車と軽の場合は違いもありますから不明点があったら営業担当者に確認してください。

    基本的に車検時に必要なものと同じですが、まず車検証、車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

    日本全国での車の流通実績で見た場合、輸入車というのは二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、市場で安定したニーズがあるとは言い難く、業者や地域による差が出やすいのです。

    ではどうやって売却すれば良いのかというと、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとたった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    まずは一括査定サイトなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、実物の状態を業者が確認した上で、その業者が出せる査定額が決定します。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、OKなら正式に契約します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても引き取ってもらえなかった場合、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    よそで値段がつかなかった車でも、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    プロに頼む利点は、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、無償で車を処分してもらえるという点です。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。