トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    引っ越しをしていたり結婚したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には追加の書類が何枚か必要になってくるので、スムーズに売却するために、事前に準備しておくとベターですね。

    買い取りする車を査定する時に、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほどその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は一般的に多走行車と呼んでいて、中古車の見積額をマイナスにする要因となり始めることがあるのです。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には一般に過走行車といわれ、査定金額がつかない場合も多いです。

    自分で中古車の買取業者まで出向く時間がないときなどは、多くの店舗が、自宅などに来てくれる出張査定が可能です。

    中古自動車査定士が車のあるところまで来て現物を見ながら査定して、査定額をはじき出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同じ時に査定した査定スタッフ同士で査定額の競争が行われるのでその結果として見積金額がアップするかもしれないのです。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって車の価値を算出していきます。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、主観の入りにくい公平な価格が導き出されるのです。

    では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、事故歴、修理歴、傷、故障、あとは走行距離ですが、年式の割に走行距離が短いとプラスになることもあります。

    これまで多くの査定をしてきたプロが査定するので、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、うまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    見積りに来てくれた中古買取業者から好条件の見積りを提示してもらうには、ちょっとした要領がモノを言います。

    業者はせっかく来たからには契約を取り付けて帰りたいわけで、金額の折り合いがつけばすぐにでも契約する雰囲気を醸し出して、相手に「ここが勝負のしどころ」と思わせることです。

    業者も商品の引取日がわかれば今後の販売プロセスが明確になりますから、提示価格への上乗せを求めてもスムーズにいく可能性が高くなるのです。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も中古車買取業者の査定士によって隅々まで確認されるのが普通です。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、乗っていれば普通につく薄い傷程度ならあまり査定には影響しないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし修理屋が身内価格でやってくれない限り、査定アップで修理代をまかなえる可能性はまずないと考えて良いでしょう。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、万が一故障している場合には査定スタッフに申告するようにしましょう。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    どの程度故障しているかによっても評価が違ってきますが、あらかじめ修理することは逆に損をする結果になることが多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、個人で修理に出す方が俄然お金がかかります。

    結局、事前に修理して査定額アップを狙ってもかかった費用分の上乗せは期待できないのですね。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも場合によっては車を売ることもできます。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人である場合に限られます。

    所有者のところにローン(信販)会社の名前が記載されている状態だと、すべての債務の返済が済むまでのあいだは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    不動車は全く動かないため買取して貰えないと考える人も多いかも知れませんが、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    部品単位でみればこれからも新品同様に使えるパーツがあるかも知れませんし、これらに対して価値を見いだして買取してくれる会社はあるのです。

    そうは言っても、通常の買取会社だと不動車と言うだけで断られるケースもあるので、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。