トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の車の査定基準は、車の内外の装備の状態や年式、走行距離や事故歴の有無などを調べます。

    これら査定基準のうち車の外装と内装については、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで査定額はアップするでしょう。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、はじめから正直に答えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、その車のオークションでの査定相場を考慮して、見積金額を算出します。

    プロのスキルを持った中古車査定士には簡単な嘘はあっと言う間にバレてしまいますよ。

    良くあるケースでは、事故歴や修理歴のある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくてでまかせを言っても確認すれば判明します。

    さらに、嘘をついてしまったという事実でお店側の人間に信頼されなくなっても当然なのです。

    嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起きても何ら不思議はありませんから、査定する車の状態については隠し立てしないようにした方が良いですね。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    プロの営業マンのセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が幾らぐらいになるかを調査しておき、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら自分から交渉する心構えをしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    実際に車を見て査定してもらう際に、買取業者のところに車で行くのではなくて、業者に訪問査定に来てもらうことも可能です。

    中古車買取業者のほとんどが無償で出張査定を行っています。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    競争心が生じるわけですから、高値で売却できるメリットがあります。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は自動車の販売は好調です。

    業者の意図としては期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    みんながそう思えば仕入れ(査定)金額もおのずと高くなってくるものです。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、こうしたタイミングで売却すれば査定額もあがるはずです。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は全般に下がり気味になります。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後に各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    状況を説明しても執拗に何回も電話攻勢をしかけてくる会社もあるようですから、面倒なときは嘘でも良いので「申し訳ないが他店に売却済みです」と言うのが効果的です。

    でなければ、メール連絡のみで電話連絡が来ないサイトに絞って依頼するのも手です。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    傷などがない方が良いと言っても、自分で直そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているような場合があるので注意が必要です。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、査定対象外と見なされることも多いのです。

    全くの素人で自動車修理などを手がけたことがなければ、頑張って自分でやってみようと思わずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    家族名義の車や別居の親族の車なども売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、書類上の所有者の方の印鑑証明と、実印を押した委任状に、車を誰が誰に譲渡したのかという譲渡証明書が不可欠です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、これらの書類を書いてもらうことは出来ません。

    このときは、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    普通の売却と違って必要な書類も多いですし、売るのは簡単なことではありません。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、買取りしてもらうのをハナから諦めてしまう必要性はないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    自動車の各部分ごとで見れば故障してないものもあるでしょうし、まだ動くパーツに価値を見いだしてくれて買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    一般的な中古車買取店では不動車を扱わないケースも多いため、前もって調べて不動車を取り扱っている業者にじっさいの見積もりを出してもらって納得したらそこで売却すれば良いのです。