トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    一般的に、中古車査定業務において査定者が所持すべき国家資格は特にありません。

    でも、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、小型と大型車に分別されています。

    技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、査定スキルが一定以上のレベルにあるということの証明になると言って良いでしょう。

    WEB上で確認できる車の査定額は、やはり簡易的なもので見積もりを出したまでです。

    同様の車種や年式でも車ごとに状態は違って当然ですから、具体的な実際の査定金額は中古車を見ながら確認しないことには導き出せません。

    ですから、オンライン査定で得られた情報通りの価格が絶対に実際の買取現場で提示されるのではありませんから、気を付ける必要があるでしょう。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、買取専門店に持って行く前に充分に清掃しましょう。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、隠そうとしてもすぐにバレてしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは自分で対処することで大分落としたり消したり出来るでしょう。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    マイカーを処分する際に真っ先に思い浮かぶのは、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい競争を促し、結果的に高値で売却することも可能です。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、価格を比較する相手がいないので高額な金額はつきにくいです。

    ただ、購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で何年落ちといった言い方をするものです。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく車検証の「初度登録年月」ですからわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。

    売っても儲けは僅かでしょうが、裏を返せば、買う人からすれば状態次第ではそうした車は宝の山とも言えます。

    古い車を売却してから新車納入の日までに間が空くことも考えられます。

    週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、どうしても車が必要だという人の場合は一時的でも代車の手配をお願いしなければいけません。

    しかしながら代車の手配というのは、どこの中古車買取業者でも当然のようにしてくれるわけではないのです。

    次の車の納車まで間が空きそうなら、査定を依頼する際に代車の件は確かめておく必要があります。

    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    しかし、車売却の時には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りを加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

    場合によるのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    その詳細は、売却金額が購入金額よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払わなければいけません。

    業務と兼用している車を売るときには、一般とは違った決まりが存在しますから、不明点は確定申告のときに申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、タイヤを履き替える必要はないのです。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実査定を受ける前に通常のノーマルタイヤに戻してください。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定時に減点されてしまう可能性が高いのです。