トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースではマイナス査定されることが多いです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    査定前に個人で修理しても、自分で修理するのにかかった費用以上に査定額が上昇する場合はあまりないからです。

    車を自分で直そうと考えるより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。

    中古車買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何個かあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどとかなり売却額を引き下げられることもあるのです。

    もっと酷いケースになると、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    中古車の査定額の概要を確認したいときに、Web上の中古車一括査定サイトによって確認する方法もあるのですが、売りたい自動車のメーカーのウェブサイト上で価格を確認するという手段もあるのです。

    自動車メーカーのサイト上ならば名前などの情報を一切知られずに車種や年式だけで確認可能なところもあるので、一括査定サイトを活用した場合のような勧誘の電話攻撃に悩まされることはなくなります。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、中古車買取業者に査定に来てもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う業者に相談するという手があります。

    でなければ下取りを考えるのもありでしょう。

    それならディーラーも長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためには中古車査定一括サイトをうまく使うに越したことはありません。

    以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、思い立った時にすぐに査定依頼を出すことができます。

    各社の査定結果がほぼ出揃った時点で、高値の業者からいくつか選んで今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは対象から外しておいたほうが無難です。

    個人が中古車の査定を業者に依頼する時は特に用意するものはありませんが、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、婚姻による氏の変更や転居で住所地の確認が必要なときは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    売却の意思が堅いのでしたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    乗り換えで新しい車を買う際に、これまで乗っていた車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

    同時に売却と購入ができてしまうため、買取業者を利用するのにくらべると時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、中古車買取業者とディーラー下取りを比べた場合、一般に下取りのほうが安価になるという事実があることは忘れてはいけません。

    利益は多い方がいいというのであれば、少々手間をかけてでも買取業者に査定してもらったほうが良いでしょう。

    所有する車を手放そうと考えているときには、中古車一括査定サイトを使用すると、価格の相場があっと言う間に分かるのでとてもメリットが高いです。

    相場の値段は把握できますが、実際にいくらの価値があるのかは実査定を終了するまでは知ることが不可能です。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、査定額は大きく変わってきます。

    中古車を売ろうと考えているときには、一括査定サイトが出した査定結果を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    自分ではきちんと注意していたとしても、予期しないトラブルに巻き込まれてしまうことがあるでしょう。

    自動車を売却する際にたまに遭遇する案件として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額すると通達される場合があるのです。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば売却する方に責任があるでしょう。

    そのようなことがないケースでは、見積もり時に見落とした方が悪いので、自ら承服する必要はないと言えます。