トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    乗っている車を売ると心に決めたら、まずはじめにしなければいけないことは、今のところ車が一体どれくらいの査定相場なのか分かっておくことです。

    現時点での相場の価格を知っていればとても安い値段で取り引きさせられるリスクを回避することが可能ですし、前もって調べた買取相場よりも高く査定してくれたお店にいち早く決めてしまうことも簡単ですね。

    Webで簡単に多くの店舗に車の一括査定をしてもらえるサイトがありますから、ここで売却予定車の相場の把握をすることが可能になります。

    売却予定の車に傷などがある場合には査定の際に低く見積もられることが大半です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人修理することは止めた方が無難です。

    査定前に個人で修理しても、その修理に要した経費より多く見積金額が高くなるケースはまれだからです。

    車を自分で直そうと考えるより、その中古車を引き取った後に、販売店の方で提携の修理業者にお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    車を一円でも安く手に入れて、なるべく高く売るのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

    査定士や営業マンの話す内容を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、売買相場よりも買い叩かれることもあります。

    売却の前に自分の車の査定相場がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に交渉するつもりでいると饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    海外メーカーの車は国内メーカーのそれと比べ、中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    知名度の高い外車であっても国内流通量は国内メーカーの小規模なメーカーと比べてもはるかに少ないですし、修理費もかかりやすい上、実績値のメタデータも少なく、取扱い店舗によって査定額はまちまちです。

    つまり輸入車を高く売る最良の方法としては、できるだけたくさんの中古車屋に査定してもらった上で、高額査定を出してくれたところに売却することです。

    ウェブの一括査定サービスなどを活用すると、たった一度の入力でたくさんの業者に査定を依頼することができます。

    売却予定の車を査定してもらう場合、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っているとやはり減点になってしまいます。

    そんなにニオイを感じないようでも、ふだんから慣れてしまっていて他人に言われて改めて気づいた人も少なくありません。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    布用消臭スプレーや空間芳香剤などを多用しても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、温タオルや中性洗剤などを使い、ていねいにニオイの発生源をなくしていくのが有効です。

    人気やその時の市場のニーズによって中古車市場の相場は移り変わるため、売却対象車につけられた査定価格にも有効期限が設けられているのが普通です。

    実際に何日間の設定がされているかはまちまちですし、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでか聞いておくと安心です。

    日数は多くても2週間以内という感じですが、これが相場の変動が大きい繁忙期の査定では、さらに短くなることがほとんどです。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    まずは一括査定サイトなどを使って年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、実物の状態を業者が確認した上で、その業者が出せる査定額が決定します。

    必要に応じて金額アップの交渉などを行い、OKなら正式に契約します。

    契約すればあとは車とキーを業者に渡すことになります。

    そして所有者の移転登録等の手続きがひと通り終わった後で代金の振込があります。

    金額を確認して契約書と相違なければそれで完了です。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても引き取ってもらえなかった場合、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    よそで値段がつかなかった車でも、車としてでなく部品取りとして査定するので、買い取りが可能なのです。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、役所、スクラップ屋、運輸局の手続きの一切を自分でする位なら、業者に一任するほうが早く、確実です。

    プロに頼む利点は、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、無償で車を処分してもらえるという点です。

    所有する車の相場が知りたいなどの理由で、車の査定に出すときに必要になってくるのは車検証だけですが、現実にその車を売却する際には何点か書類を用意することになります。

    売却が普通自動車だったら車検証のほかに自賠責保険証や納税証明書、リサイクル券、その他に実印や印鑑証明書を用意しなくてはなりません。

    万が一納税証明書を紛失してしまった時には、軽か普通自動車かで納税証明書再発行の手続きをするところは違うことを覚えておきましょう。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、軽自動車だったら役所の窓口に行って再発行の手続きを取るようにしてください。