トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いているとプラス査定になることが多いです。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれてその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万kmを越えて走っている車は過走行車という扱いを受け、査定金額がつかない場合も多いです。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、その時の流行によってある一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    普段使っている車を売る際は、次の車が納入されるまでに時間的な差があるというのは珍しいことではありません。

    家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、仕事や通勤などで車が必須であれば代車の手配をしないことには車を売ることができません。

    けれどもすべての中古車取扱業者が代車手配を受けてくれるというものではありません。

    あとになって慌てないよう、査定を依頼する際に代車の件は業者に確認しておきましょう。

    いくら売却したいと思っていても、査定のために突然、買取店舗に車で行ってしまうのは得策ではありません。

    一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、価格交渉の根拠がなく、安値になる可能性が高いからです。

    考えられる利点というと、スピードです。

    査定と買取を行う店まで現物を搬入するところまでが済んでいるわけですし、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけばトントン拍子で契約完了ということも考えられます。

    車を処分するためにネットの中古車一括査定サービスなどを利用すれば、各社一斉に電話がかかってきた経験はないでしょうか。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、「すぐにでも伺いたい」「訪問の時間を決めたい」と、先着順と言わんばかりの勢いです。

    そういった中には断っても幾度となく電話してくる営業マンもいないわけではないので、断るのが大変ならもう売却済みですと伝えるのも効くみたいです。

    あるいは電話でなくメール連絡のみという査定サイトもありますから、面倒を避けるためにそうしたところを利用するのも良いでしょう。

    愛車を売却しようとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、トライするのも結構ですね。

    自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。

    手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、タダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、それなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    それにもし廃車にするとしても、陸運局や解体屋に行って時間をとられるよりは、業者に依頼してしまったほうが早いです。

    そうした業者の取り柄というと、多忙な所有者に代わって廃車手続きをしてくれることですし、その上、車の処分費が無料ということです。

    最近販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが大部分です。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えばプラスの査定が期待できます。

    高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、事前に外してしまって別にカーナビだけオークションで売るという選択肢もありますね。