トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取希望の中古車のおよその査定金額をチェックしたくなったら、ウェブを通して行う無料の中古車一括査定サイトを使って知る手段もありますが、売却希望の車のメーカーサイトで参考になる査定額を知ることも可能です。

    メーカーのWebサイト上で参考価格を確認するだけならば匿名でOKでその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括査定サイトを活用した場合のような営業電話がしつこく何回も掛かってくる可能性は低いのです。

    一般的に、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で車の査定金額が明記された証明書が入り用になったときには、日本自動車査定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に車の査定をお願いしなければいけません。

    JAAIは国内で50ヶ所以上の事業所を持っていて、査定してもらうには料金が必要です。

    それから、事前に査定の申し込みが必要です。

    大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、車の即時明け渡しを半ば強制されて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、もう連絡も付かなくなってしまうと言う詐欺の手法があるのです。

    所定の契約手続きをしないで何となくせわしく車を引き取ってしまおうとする業者に遭遇したら詐欺を疑った方が良いですね。

    車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションはあまり買取り価格に響かないと考えて良いでしょう。

    例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

    もしスタッドレスタイヤを履いた車を買い取ったら、雪国などでもない限りいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあとでなければ販売できません。

    つまりそれだけ見積額から引いておくわけです。

    手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、中古車買取業者に買い取ってもらう際は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

    代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合は実車査定の段階以前にあらかじめ契約には代車があることが不可欠であると伝えておかなければなりません。

    同じ業者でも店舗が違うと代車がないこともありますから、念には念を入れて確認しましょう。

    壊れて修理不能な車は「全損」という扱いになるのですが、同じ全損にも2通りあります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、そのほか、修理費が保険の支給額を上回ってしまうものを経済的全損と言います。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して支給額と市場相場に乖離がないように努めています。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、納得がいくまで説明を求め、金額については交渉しましょう。

    当然かもしれませんが、自動車を売買するときには、車体にキズなどがないに越したことはありませんね。

    でも、素人が傷を治そうとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースがあるので無理に直そうとするのは良くありません。

    あまり目立たないようなごく薄い傷は、あまり査定額減少の対象とはならないケースが多いのです。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、大変な思いをしてまで補修しようとせずに、傷やへこみのあるまま査定に出してしまった方が良い結果を生むことが多いです。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、自動車の売買は個人同士でした方が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    でも個人売買するとトラブルが起きやすいのも事実です。

    その中でも頻繁に起きるのが名義変更とお金の支払いに関することです。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにしっかりと名義変更してくれるように紙にしたためることで解決します。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、決済は一回払いのみで対応すれば余計な心配をする必要がないでしょう。

    自動車のオーナーというものは、使用頻度が極端に少なくても維持費は同様にかかります。

    車検代は二年に一度、自動車税は毎年かかりますし、任意で加入する自動車保険料も馬鹿になりません。

    もっというと、駐車スペースが自分の敷地に確保できない場合には、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    車を売ろうかやめようかと考え中の場合、これら少額ではない維持費を払ってでも車を持っている必要があるのかどうか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。