トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、たとえ嘘をついて査定してもらっても直ぐにそれと分かってしまうのです。

    車体のキズなどが軽く、それに相応しい修理が実施されているならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、隠し立てせずに伝えることが必要です。

    事故などが原因で、もし複数の店舗で査定額が付かないと言われてしまった場合には、故障車や事故車を主に扱っている専門業者に見積もってもらうと良いでしょう。

    幾らかでも高く自分の車を査定してもらいたいのなら、取り敢えず査定するのではなくて、直ぐに売りたいという気持ちを強く出すことでしょう。

    暇つぶしに査定はしてもらうが多分売却はすぐにしないだろうという相手よりも、提示した金額に納得すれば今日明日中に売却予定ですという人の方が業者にとって有益なのは間違いないでしょう。

    即決する可能性があるとわかると、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。

    買取査定のために各店舗に行く時間がない場合などには、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    中古自動車査定士が自宅などに来て実際に車をチェックして、結果を導き出す方法です。

    これは同時期に何社かの業者に来てもらって行っても構いません。

    このようにすれば時短のメリットもあることですし、一緒に居合わせた査定スタッフ同士で査定金額の競争が生まれますからこれらの結果として見積額が高く提示される可能性が期待できるのです。

    正式な価格を出すために訪問査定を依頼すると、査定が終わった業者はすぐにでも契約を迫ってくるでしょう。

    もし即決なら見積りに色をつけても良いといった商談が展開されるでしょうが、うまくはめられて即決することがないよう注意してください。

    ディーラー下取りでなく中古車業者に売却する際は、複数業者に査定させることが良い査定額を引き出すコツなのです。

    まずはなるべく多くの業者に査定額を出してもらうことが肝心で、材料が手元にそろってから最良だと思う業者に連絡すれば良いだけです。

    自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で1万キロ前後と想定されています。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、5万を境にどんどん査定は減点されていき、これが10万キロともなれば過走行車扱いで値段がつかないこともあります。

    ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

    走行距離数が年式の割に極端に短いと、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることが多く、敬遠されることがあります。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、夏のボーナスのあとで暑さが落ち着いてきた9月は販売店としては車がよく売れるトップシーズンです。

    業者の意図としては期間中になるべく多く売るには、仕入れも多くなければいけないと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    いつまでに売らなければいけないというリミットがないなら、このチャンスを逃す手はありません。

    一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は全般に下がり気味になります。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えても費用ほどには査定アップしませんから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    ただ、スタッドレスタイヤを履いている時は、実際の見積もりに出す前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    冬場や雪の多い地域しか需要がないスタッドレスタイヤは、見積額が低下する要因になってしまうからです。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、自動車売却にあたって新規に取得が必要なのは印鑑証明書のみです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて買うときにも提出する必要があるので、売却と購入用に二枚まとめて取得しておくと良いでしょう。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    所有する車の売却を決定したのならば直後に印鑑証明を取りに行くと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    自分の所有する自動車を売却しようと考えているときには、ぜひ丁寧に掃除してから査定に出すようにして下さい。

    この理由は二つあります。

    一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

    2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。

    タバコの臭いやペット臭が残っていると、程度問題ですが査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    臭いの元は車内に残っている汚れですから、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることで嫌な臭いを軽くする事ができるのです。