トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    普通は、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を出して欲しいと言ってももらえない事の方が多いです。

    残された遺族で相続の手続きをするときや、自己破産の申告を行うときの資産証明を必要とする場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、JAAI(日本自動車査定協会)へ見積もりをお願いしなければならないでしょう。

    日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、車の査定には幾らかの料金が発生します。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、嘘をついて査定に出したとしても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    ボディの傷などが軽くて、適切な修復がされているようならば修理車と見なされない場合もあったりしますので、素直に話すことも重要でしょう。

    もし多くの買取業者で同じように「買取金額は0円です」と査定されてしまったときには、事故や故障車に特化した買取業者で見積もりを出してもらうと良い結果が生まれるかもしれません。

    自分の車を高値で売却するために中古車の買取会社と価格交渉をするときに重要なのは、自分から安易に具体的な金額を言ってしまわないことですね。

    交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、そうでないのならば自分から現実の相場価格よりも低い価格を口にする可能性があるので、このケースの場合は勿体ないです。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、しっかりと事前に情報を得ておく必要があるでしょう。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、次に、経済的全損といって車両保険の給付金をもってしても修理費が払いきれない状態もまた全損と言います。

    普通、保険会社から支払われる給付金の額は、加入時に決まるのではなく市場評価額ベースで変化していきます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して相場の現況を知るようにしています。

    もし実勢価格と違うと思ったら、必要に応じて金額交渉したほうが良いかもしれません。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引のさまざまな相談電話がかかってきます。

    そして個人から業者への売却に関する事例は増加中で、一向に減る気配が見られません。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら電話勧誘が鳴り止まない、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみる事がまず第一です。

    お子さんがいてチャイルドシートを使用している場合、その車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら採点される項目には含まれていないからです。

    そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、きちんと値段がつくものですし、一部のブランド品などは意外な価格になるので、車とは別に売りましょう。

    何ヶ月間程度残っているかによっても違いますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    「車検切れ」である車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとほぼ査定額に影響を与えません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車でも価格をつけてくれる業者がいる可能性があるのです。

    パーツごとで考えれば今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、パーツごとに値段をつけて買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    一般的な中古車買取店では不動車を扱わないケースも多いため、事前に調べて不動車を査定してくれるお店に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    年間に1万kmという数値が、自動車業界が考えている標準の走行距離になります。

    しかし、あくまでも目安ですから、型式が古い自動車の場合には一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車売却の際にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと調子を崩すことが多くなってきます。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。