トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いているとプラス査定になることが多いです。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、車にカーナビがついていない状態では査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    中古車の査定額の基準はいろいろあります。

    その中でも、査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれてその車の査定額というのは下がってしまうものです。

    走行距離が5万キロメートルを越えてしまった車は「多走行車」と呼んでいて、マイナス査定に影響する結果となる場合が多いです。

    10万kmを越えて走っている車は過走行車という扱いを受け、査定金額がつかない場合も多いです。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    ホワイトおよびブラックは定番の人気色でいつでも需要が安定しているために、査定アップの要因になる場合が多いのです。

    定番色とは反対に原色系の赤や黄色、青などのボディカラーの場合は好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによりアップダウンするため、その時の流行によってある一定の色にプラスの見積もりがなされる可能性があるのです。

    中古車の買取には実物の査定が不可欠ですが、来る業者は皆一様に契約を急ぐはずです。

    売主が魅力を感じる条件、つまり金額アップをちらつかせて即時契約を求める商談が展開されるでしょうが、即断するのは間違いです。

    中古車売却時には複数の会社から見積もりをとって競合させるのが良い査定額を引き出すコツなのです。

    心が動くかもしれませんが、まずは多くの見積額を手にすることを優先的に考え、検討材料が揃って納得がいってから交渉しても遅くはありません。

    売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。

    しかし見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

    タイヤは使えば減るものです。

    それに、買い取ったあとに販売店のほうで別のタイヤに交換してから売るのが一般的ですから、交換した甲斐がありません。

    そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響は微々たるものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、得することはほとんどないでしょう。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は基本的には2つしかありません。

    一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、足(車)がなくて不自由することはありませんが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、ディーラーの下取りよりは高値になる可能性が高いです。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼しても値段がつかないような時は、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。

    他社で引取りを断られたような車であろうと、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    あとは廃車という選択肢もありますが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    車の所有者にかかってくる自動車税は、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、必要以上に税金を払ってしまう心配はないのです。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと戻ってくる制度があるわけではないのです。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけ加算して査定してくれるケースもあることでしょう。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    最近販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムが多くなりました。

    カーナビが標準装備になったことで、カーナビが付いていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    標準的なカーナビでなくて、後から高額なカーナビをつけたような場合に限り査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、買い取りに出す前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。