トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    ネット上で手持ちの車の無料一括査定をしたいけれど、個人の名前などはできるだけ記入したくないという時には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    実査定(実際に査定士に車を見てもらう)を行うときや、車を実際に売るときには、絶対個人情報の公開をしなければならないのです。

    中古車買取業者は「古物営業法」に基づいて、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    ほとんどの場合、走行距離が長いほどドンドン低く見積もられることになります。

    5万kmを越えて走行している車は「多走行車」と呼んでいて、査定額をダウンする原因となることが多くあります。

    総走行距離が10万キロを越えた場合には「過走行車」と呼ばれて、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、幾らか見積もりが高くなると言う噂があります。

    雨の日は水滴がついてしまいますし、夕方以降は日の光が当たりませんから外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど担当者も甘くはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、少々低めの査定額で抑えられてしまうことも充分予想できるのです。

    中古車を買い取る際の査定では、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    そんな中で確実に減点されるのは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。

    けれども素人手でなんとかしようと修理に手を出したりすると、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないケースも多いです。

    相応の知識と修理経験があればキズの深さによっては何とかなるかもしれませんが、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    到底直せないほどのダメージを受けた車は全損と言われますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    修理屋がさじを投げた物理的全損がまずあって、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    自動車保険を扱う会社はJAAI発行の冊子をベースに相場の現況を知るようにしています。

    保険会社の決めた額と実際の額に隔たりがあるようでしたら、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    なにしろ手軽なのは言うまでもなく、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、一社だけという手軽さがアダになり、価格競争がないので当然ながら低い買取り価格になるようです。

    あと一つは中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    一律と言うわけではないのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    所有者が個人であって、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になって所得税を支払うかもしれなくなります。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明な点は確定申告の際に税理士に相談するなどして対応してください。

    最近売られている自動車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。

    このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    後付けで高額なカーナビを取り付けているようなケースに限って言えば査定額アップが望めるでしょう。

    すぐに取り外せるタイプのカーナビならば、買い取りに出す前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、残りが少なくなっていたら査定金額からマイナスされます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更しても購入費用以上に査定額がアップすることはないでしょうから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、買取査定に出す前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、マイナス査定になることが多いのです。