トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    過去に故障や事故などで修理をしたことがある車は、万が一隠して買取査定に持って行っても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    事故や故障での損傷が軽く、適切な修復がされているようならば「修理車」のカテゴリーに含めないケースもあるので、素直に話すことも重要でしょう。

    事故歴などが要因になって、もしも多くの店舗で同じように値段が付かないと査定された場合には、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    何も中古車買取査定の場合だけに限ったことではなくて、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、否定的な口コミはあるものです。

    何個かの否定的なレビューを見付けたとしても、そのコメントだけに振り回されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    口コミはほどよく参考にする程度にして、頑張って無料査定をしてみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最良の方法となるに違いないのです。

    たいていの場合、中古車買取専門店においては、査定にかかる時間はただ待っているだけの時間を除くと10分少々です。

    これは現時点における車種ごとのオークション等の平均額を基にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、中古車の状態による査定のアップダウンをすることで、すぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    サギ紛いの不当な契約を結ばないよう、中古車業者に車を売る時に気をつけなければいけないことがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    事前説明と異なる契約内容になっていないかなど値段、手数料といった金額に関連した文言は納得がいくまできちんと読むことが大切です。

    裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でサインしてください。

    タイヤの状態は中古車の査定時には買値に影響しないのが普通です。

    ただ、タイヤがスタッドレスのときは可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。

    スタッドレスは高価ですが、雪国などでもない限りいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあとでなければ販売できません。

    つまりそれだけ引かれた額が買取額となります。

    車の現物を見て査定してもらう時は、店舗まで車を持っていく以外に、家などに出張して査定してもらうといった手段もありますから、考慮してみてはいかがでしょう。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が訪問査定には無料で対応してくれます。

    ということは、同じ時間帯に複数の業者に来てもらえば、同日中に各社の見積額を出させることも可能です。

    一社に持ち込む時と違って業者も出来る限りの高値を出してくるので、高値で売却できるメリットがあります。

    インターネットで良く見かける無料中古車一括査定サイトを使うと、おおまかな査定金額の相場がすぐに判明します。

    「実査定」のときに自分で価格交渉をするならば予備知識を得るために有効な手段と言えるでしょう。

    逆に、売却はしないだろうが相場だけちょっと知っておきたいケースで活用するのはあまり良いとは言えないでしょう。

    ネット上の中古車一括査定サイトを活用すると、その途端ビックリするほどの勧誘の電話がかかってきます。

    本当に売却の予定がないときには、たくさんの電話攻撃は辛い思いをするだけです。

    車を持っている人なら入ることが義務付けられている自賠責保険ですが、これは還付の条件を満たしていれば自動車を引き払うときに保険金が還付されることがあるのです。

    その気になる条件ですが、自賠責保険の残り有効期限が一ヶ月以上あって、廃車にすることを決めた場合です。

    車を売却するときは還付の対象にはなりません。

    更に、保険金の還付があったとしても勝手に振り込まれるわけではないのです。

    自らが保険会社に対して手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    いわゆる事故車だとか過走行車と呼ばれる総走行距離が10万キロ超の車の場合、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。

    けれども対処法がなくなってしまったわけではありません。

    自分で廃車手続きをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、過走行車や事故車専門店に相談するというのもありでしょう。

    専門業者ならではの方法で再利用可能なパーツごとに個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、納得のいく方を選ぶことが大事です。