トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何枚かの証書が必要になるでしょう。

    最近、結婚したり転居したりして車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定においてかなり見積もりを下げてしまう要因となってしまいます。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても修理歴車という扱いを受けることはないのです。

    そうは言っても、修理歴車には相当しなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    自分の中古車をちょっとでも良いから高く買い取ってもらいたいならば、これから査定に出すぞというときになるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    修理や事故の記録は残りますから、隠し通すことはできません。

    その一方で、シートなどの汚れや車内の悪臭はいくらかは自分でメンテナンスする事で片付けることができるはずです。

    それに、車内においてタバコを吸っていた人に関しては、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    いくら売却したいと思っていても、査定のためにお店に突然車を乗り付けていくのは無謀にもほどがあります。

    他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、足元を見られることもあり得ます。

    もっとも、良いところもないわけではありません。

    それは、最小限の時間で売却手続きを終えられるということでしょう。

    買取対象となる商品を持ち込んで査定を受けるので、売買契約に必要な書類や印鑑が揃っていれば、店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。

    できる限り高値で車を売る方法といえば、複数の業者から見積もりを取るのが有効です。

    とはいうものの、休みの日を費やして複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

    その点、自宅で入力するだけで済むネットの中古車査定一括サイトほど便利なものはありません。

    面倒な登録作業は数分で済み、一度の登録で幾つもの業者に査定依頼可能なので、その手軽さは他と比較するべくもありません。

    ただ、自分が申し込んだ複数の会社から申し込み後には我先にと営業電話がかかってくるため、それはそれで面倒です。

    頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、車の持ち主がとれる行動というのは限られています。

    残しておいてもしょうがないので廃車にするか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    ワケありの車を扱う業者は買取後、その車を中古車として流通させることは少なく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして収益金を得ている点が一般の中古車屋とは違います。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    そのまま廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。

    また、廃車手続きの代行も行なっています。

    「契約書」に書かれている内容を充分に理解して契約すると言うことは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    署名して印鑑を押した以上、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、じっくりと確認することが大切です。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフに質問することも重要になってきます。

    何社にも査定を頼んだのにタダみたいな値段しかつかないときは、思い切って廃車専門の業者に査定してもらってはいかがでしょう。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、部品単位で値付けするので少なくともタダにはなりません。

    面倒だから廃車にしてしまおうと思うかもしれませんが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    プロに頼む利点は、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

    車を買い換えたいときに、ディーラーに下取りに出すのと買取業者に売るのとのどちらがいいかは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    優先順位が楽な方が良いということであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    新規に車を買うことと手持ちの車を売ることの両方が叶うので、手間がかからないのが良いでしょう。

    手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであれば中古車買取会社に査定をお願いする方が良いですね。

    いくつかの業者に複数の見積もりを出してもらうことで、自らの力で査定額を高くすることも出来るようになるでしょう。