トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売るのを止めても構わないのです。

    さまざまな会社に査定を依頼して比較検討してなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    しかしながら、売買契約書を取り交わした後でのキャンセルはできないか、受付可能でも損害賠償金を請求されるケースがあります。

    損害賠償などの決まりに関しては契約書に書かれているはずですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    Webサイトの中には、車の無料一括査定サイトと言うものが存在し、そのなかには自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    査定金額が幾らぐらいになったかを知るために連絡先は書くようですが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    さらには、連絡先も教えずに相場を簡単に知る方法もあります。

    それは、売却予定の車種などを製造メーカーのホームページの専用フォーマットに入力すれば、おおよその相場を知ることができます。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、大して参考になったという意見はないですね。

    売却予定の車を査定に出したときに、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、普通の買取店舗ではない廃車専用の業者にお願いする事が可能ですので、気落ちして売ることを断念することもないでしょう。

    車の中がきれいに掃除してあったり、前もって洗車して磨き上げたところで、査定価格に及ぼす影響はないと考えて良いでしょう。

    しろうとレベルでの掃除ぐらいは業者だってできてしまうわけですから、当然です。

    といっても、利点がないわけではありません。

    査定時に車がきれいだと、車が好きで丁寧に乗っていたと思うのが普通です。

    点数をつけるのは担当者ですから、第一印象が取引にプラスの効果を与えることは充分考えられます。

    走行距離数が一定以上の車というのは、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

    基準としては5万km以上を多走行車といい、車の状態はどうあれ減点となります。

    そして総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、値段がつけられないと言われることも多いです。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、部分ごとに細かく査定してけしてゼロ円などという結果にはなりません。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は簡単に分けると2種類です。

    まず、広く知られているのはディーラーによる下取り査定でしょう。

    簡単ですし新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

    ただ、中古車の買取りを専門に行っている業者と比べると、安めの価格になってしまうという欠点があります。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    今乗っている車を手放して売ろうとするときには何点かの書類が入り用になります。

    そうは言っても、車に関わる書類を紛失したりせずに一箇所にまとめて保管していて、且つ結婚などによる姓の変更や引っ越しなどで住所の変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    また、印鑑証明書は車を売却する際だけではなくて自動車を買うときにも提出が求められますから、2枚同時に取ってくると手間が省けて賢いですね。

    発行した日から3ヶ月間は印鑑証明は有効です。

    車を売ることを思い立ったらすぐに取りに行くようにすれば、契約手続きの際にスムーズに事が運ぶでしょう。

    自分の車の売却を考えている際に最近見かけるインターネット一括査定システムに登録すると、ぜひ訪問させてくれという電話がたくさんかかってくるでしょう。

    そこまで対処している暇がないという人は、電話連絡なしでメールのみの設定ができるところから査定を依頼したほうが良いでしょう。

    すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。

    連絡先をメールにしておくと、生活や業務に支障を来すこともないでしょう。

    自分が乗っていた車を買い取りに出す場合に、査定項目の中にタイヤの溝の磨り減り具合も入っているため、減っていれば減点されてしまいます。

    しかし、売却する前に新品のタイヤに変更してもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、行う必要性は全くないでしょう。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、実査定を受ける前にノーマルタイヤに戻した方が賢明です。

    スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、マイナス査定になることが多いのです。