トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合の欠点として挙げるならば、そのサイトに登録している会社から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    はじめは自分で利用したわけですし、一口に悪いことだと片付けられません。

    でも、とてもしつこく電話が掛かってくる際には、未だに車の売却先が決まっていないとしてもすでに手元に車はないと言ってしまうのが上手に断る手段だと言えます。

    買取希望の車の査定基準は、車の年式や走行距離の程度、内装やボディーの傷などの有無や事故歴の有無などです。

    査定基準のうちで外装と内装に関していえば、事前にしっかりと掃除することで幾分査定額は高く出ると予想されます。

    以前事故で修理した箇所がある場合には、嘘をついても査定士の目はごまかせませんから、最初に断っておくべきです。

    これらの査定基準を確認してから、売却予定の車の中古車オークション相場を考慮に入れて、売却予定者に提示する最終的な査定額を決めるのです。

    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビ等のオプション品が付属していると査定額が高くなる傾向にあります。

    でも、新型の車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    さらに、同様の理由でカーナビゲーションシステムが付属していない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、他の中古車と同様、状態と人気に左右されます。

    仮に改造に使ったパーツが売れ筋商品であれば評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、その部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、マイナス評価が入ることもあります。

    それから、買い手が躊躇するほどエキセントリックなものも、業者としてはマイナスをつけざるを得ません。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、はずしたパーツは専門店やオークションなどで売却するのが正解です。

    売却予定の車を査定してもらう場合、タバコ臭やペット臭がある車だとどうしてもマイナス査定になってしまいます。

    所有者は臭いがないと思っていることも多いくらいですから、いつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、わからないということもあります。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    消臭スプレーやルームフレグランスなどを用いても有機系の古びた臭いは除去できませんし、内装を徹底的に拭き掃除すると良いでしょう。

    乗用車は普通、初度登録の年月をベースに古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    実際には製造年からカウントするのでなく、あくまでも初度登録年から数えますから、要注意です。

    年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは元の価格とは比べ物にならないほど安くなってしまいます。

    市場に出せば利益率の低い車で業者泣かせではあるものの、買う側から見れば10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    場合によるのですが、課税対象に車の売却金が含まれるケースがあるのです。

    個人所有の自動車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    詳細を述べると、買った金額を売った金額が50万円以上上回った時に課税対象になります。

    個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明点は確定申告のときに税理士に相談するなどして対応してください。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印が必要になってきます。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、売却する車が軽か普通自動車かで再発行をお願いする場所が違うことを知っていると良いでしょう。

    売却する車が普通自動車ならば都道府県の税事務所で、それ以外の軽自動車のケースでは役所の窓口で再発行してくれます。

    ウェブ上から入力して利用する中古車一括査定サイトを利用すれば、大体の査定相場が分かります。

    実査定の際に価格交渉をしようと考えたときには前もって知識を得ておくために重要でしょう。

    しかしながら、実際には売却しないだろうけど相場だけ知っておきたいという場合に一括査定サイトを利用するのはあまり良くないと言えます。

    インターネットで一括査定サイトを利用すると、直後から売却を勧める電話が一気にたくさんかかってくるからです。

    本当に売却の予定がないときには、たくさんかかってくる営業電話は全くのストレス源にしかなりません。