トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルには何個かあるでしょうが、その中にはとても悪質なものも存在します。

    見積金額を提示したので車を手放すと、その後になって、ふたたび確認したら問題になる箇所が出たなどといわれて買取金額を低くされることもあるのです。

    さらに悪質な業者の場合は、その車だけを引き取って提示された金額が振り込まれないこともあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、すぐに最寄りの自治体などの消費者生活センターなどに相談に行かれることをお勧めします。

    中古車買取専門店が査定時に確認することは、大雑把に分類すると車種や車体の色などの基本性能、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、以前事故などで修理した箇所があったかどうかなどを確認します。

    このような事項にあてはまる場合はマイナス査定になり、最新式のカーナビゲーションシステムやカーオーディオなどが付いていたら加算していくのです。

    今現在の相場価格を考慮して以上の結果を総合して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    ネットを利用してオンラインの中古車無料一括査定をしたいと思っているが、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には無記名で査定できるサイトを利用するという方法があるのでこれを活用しましょう。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を実際に売るときには、個人情報を隠して取り引きすることはできません。

    中古車買取専門店は古物営業法という法律に則って、契約を結んだ相手の住所や名前などを記録しておくという義務があるのです。

    中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために気をつけなければいけないことがあります。

    ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。

    細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは署名捺印が済んだ段階で法的な効力を持ちます。

    業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額やそれに関する諸条件はかなり注意して読まなければいけません。

    細かいところまで読んでから契約書を交わすようにしましょう。

    車を買い換える際、ディーラーに下取りを頼むと今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、実車査定の段階以前にあらかじめ代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。

    うっかりしていると業者次第でそういった手配はしていないところもあるのでしっかり確認しておかなければ後でとんだ出費を強いられます。

    自分自身で車を運転して、中古車の買取りを行っている店に行って現物査定を受けるつもりであれば、待つことさえ厭わなければ予約は要りません。

    ただ、持ち込みということになるとまったく相場を掴まずに価格交渉することになります。

    従って市場相場を下回る値段で買い取られても気づかない可能性が高いのです。

    一社より多数の会社に出張査定依頼するほうが良い値段がつきます。

    インターネット上に存在する中古車一括査定サイトを利用すると、査定金額の相場が一瞬で分かってしまうのでとてもメリットが高いです。

    その車種の相場は分かりますが、現実にいくらで売れるかというのは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    中古車を手放そうと考えているときには、無料中古車一括査定サイトで出た金額を鵜呑みにしてしまうのも良くないのです。

    自分の車を売りに出すときに、そのまま現金で持ち帰りたい人の場合は、売ったお金を即金で受け渡し可能なところをあたると良いでしょう。

    即金対応可能と謳っていなくても、相談に乗ってくれる店舗も存在します。

    でも、即金対応してもらう場合には、足元を見られることになって査定額も低く提示されても仕方ないかもしれません。

    現金をすぐに持ち帰りたいのかちょっとでも良いから高額で査定してもらいたいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、一円でも高く売却したいならば即金対応にばかり固執するのは損することになりますね。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、要件さえ整えば売却できます。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、現在の名義人の実印が押印された委任状と、印鑑証明書、誰がいつ譲受人に譲渡したのかを記載した譲渡証明書の提出を求められます。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、所有者の移転登録手続きをして名義を変えてから売却します。

    その場合は書類も増えますし、売るのは簡単なことではありません。