トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    所有する車を手放そうとする際に、車検が1年と1ヶ月以上残っているならば、担当する買取業者にもよるのですが、だいたい数万円ほど見積金額が上乗せされます。

    しかし、車検の残りが一年以下の場合ではいくら残りがあったとしても査定額は変化しません。

    車検を通して直ぐだと査定額がアップするからとはいえ、車検を実施して直ぐに売却をしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。

    たいていの場合、中古車販売店の大手では、多くのキャンペーンを常時開催していることでしょう。

    景品等の多くは車を売ることで受け取ることができますが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでプレゼントが貰える場合があればぜひトライしてみましょう。

    できれば車の査定を申し込むなら夜間や雨が降っている日の方が良いという人もおり、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    当たり前かもしれませんが夜は暗いですし、雨だと水滴のせいで車体の傷などが見えにくくなると言う訳で夜や雨の日に見積もりした方が良いと言われるのです。

    そうは言っても、視界が良くない云々で査定額がアップするほど甘い査定をする店舗があるわけはないのです。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていは他メーカーよりは純正の方が高い査定額がつきやすいのです。

    屋外環境は素材の劣化を招くので出来れば屋内に大事に保管しておくと良いです。

    別注ホイールはそのコンディション次第では結構良い値段でオークションで取引されるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして「何年落ちの車」などと言って古さを表します。

    実際には製造年からカウントするのでなく、その車が初めて登録された年数ですから気をつけてください。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば驚くほど低価格になりかねません。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

    車の走行距離にも目安があり、走行距離数の多い車は中古車業界では減点査定の対象となります。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。

    けれどもそれで諦めろといった意味ではありませんから大丈夫です。

    過走行や多走行の車を専門とする業者に依頼すると、パーツや部品ごとに細分化して見積りを行い、けしてゼロ円などという結果にはなりません。

    自分の車を売ろうと思っているならば、WEB上の中古車の無料一括査定サイトを利用すると、車の価格の相場がすぐに手に取るように分かるため大変便利です。

    相場は分かりますが、現実的にいくらで売却可能かは実物を査定に出してみるまでは知ることができないのです。

    ボディや内装のキズや凹みの程度、および車検があとどれくらい残っているかなどによって、実際の査定金額は大きく変わってしまう可能性が高いのです。

    車を査定してもらうときには、一括査定サイトの相場価格を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額するケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    このような場合に、もし自分側が事故や故障などの履歴を隠していたケースならばわざと申告していなかった売り手側が悪いです。

    そのようなことがないケースでは、査定するときにあらかじめ確認しなかった方が責任を取るのが普通ですから、後から何か言われても了承する必要はないのです。

    半分忘れ去られたようになって、車検が終了している自動車でも売却はできます。

    売却は可能ですが、車検切れだと言うことは道路を走って移動させることは禁止ですから、出張査定を依頼する事になるでしょう。

    もう車検の期限が切れている車でも買い取りしてくれる店舗ならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

    それから、あらかじめ車検を通してから売ることは得策とはいえません。

    あらかじめ車検を通すのにかかった費用の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。