トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    程度にもよるので一概にはいえませんが、煙草臭が売却予定の車の中に漂っている場合には査定時に減額されるでしょう。

    車内にタバコを吸っていた形跡がある車というものは、中古車を禁煙車として買おうと思っている方には買ってもらうことが大変難しいからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    売却する前にその車を一生懸命に掃除してあげれば、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    プロの営業マンのセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    現時点での査定相場が前もってどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、相場よりも安価に契約しようとされたときに値段の駆け引きをする準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。

    車の査定を依頼するときには、ひとつの店舗だけではなくて沢山の業者に買取の見積もりを出してもらってから実際に売却する会社を決定していくのが、なるべく高く車を売却する上で注意することのひとつと言えます。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、みなが査定額を競争せざるを得ない状況を作り出すのも有益な手段となるでしょう。

    マナー違反のように感じる人もいるかもしれませんが、これは良くあることなので、特に気にすることはないでしょう。

    それと、実際に契約する段階になった時には取り交わす契約書の全文を熟読することも必要です。

    時間に関係なく気が向いた時にできるのがネット上にある中古車買取一括査定サイトです。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で知ることができます。

    ただ、不便なところもないわけではありません。

    夜中に査定サイトにアクセスして申込事項を送信したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから電話が殺到したりする可能性もゼロではありません。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    最少の手間で車の相場を知ることができる車買取一括査定サイトは、誰にとっても有難い存在ですが、短所がないわけではなく、対象にした買取業者からの電話がそれこそ一斉にかかってくることが挙げられます。

    登録したのが仕事でも使っている携帯番号などだと何かと不自由なことになりますから、注意が必要です。

    相手の都合も考えずに何度も営業電話をかけてくる業者などには、ウソも方便で、もう売ってしまったと断ると良いのかもしれません。

    電話一つでも業者の性格が出るのです。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、一般の中古買取店などで査定してもらってもほとんどタダみたいな値段になってしまうことが多いです。

    リスクがあるから値段がつかないという点では事故車と同じ扱いです。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、多(過)走行車や事故車を専門に扱う販売店などに相談するなどの工夫が必要です。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては長期的な顧客獲得につながるわけですから、そこそこ値段をつけてくれることも考えられます。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が入らない分、双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから非常に手間がかかりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    お金に関しては、なるべく一括払いで払ってもらうようにすると後々トラブルに発展する可能性が低くなります。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、一定の条件が整えば車を引き払う際に保険金の還付を受けることが可能なのです。

    気になる条件とは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    更に、保険金の還付があったとしても自動的に自分の口座に入金されるようなことはないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手間をかけて手続きをしなければ一向に還付されることはないです。

    車の売却を考えたときに、買取り業者に売るのとディーラーの下取りで引き取ってもらうのとでは、何を一番に考えているかによってお勧め度が変化します。

    何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、お勧めしたいのはディーラーへ下取りに出すことです。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、全くといって良いほど手間がかからないのです。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば買取業者に出す方が良いでしょう。

    一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、査定額を上げることも可能になります。