トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。

    車検が残り1年以下の場合には車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。

    そうは言っても、売る前に車検を実施しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に上乗せされて得をすることはないので、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、数は多くありませんが、悪質な中古車買取業者も存在するのです。

    例を挙げるならば、見積もり査定の申し込みの時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったが最後、お金は払わずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。

    通常行われる手続きをせずに急いでその車を持って帰ろうとする会社は詐欺だと疑って掛かって良いでしょう。

    多くの買取業者に査定をお願いする事を一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをどこにいても実施できるようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、時を同じくして多くの買取業者に実際の査定をしてもらって、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    車の売却査定を依頼する際は特別な支度というのは別に必要ありません。

    けれども売却する業者が決まって契約となると、必要な書類はひとつやふたつではありません。

    普通乗用車であれば印鑑証明書が必須ですし、婚姻による氏の変更や現住所と書類の住所が一致しない場合はそれを証明する書類が追加されます。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    車を買い取る前に行われる査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、マイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。

    減点評価が免れないものは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

    そういった傷をプロに頼むのではなく自分でなんとかしようとすると、むしろやらない方が良かったなどというケースも多いです。

    身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、そもそも使用機材からして及ばないのですから修理はしないほうが良いでしょう。

    車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。

    勘違いされている方も多いのですが、製造年は関係なく初めて登録した年から数えるので気をつけてください。

    状態が同じであれば年式の古い車のほうが査定額は低くなり、仮に10年物ならば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    売る方にすれば気の毒な話ですが、裏を返せば、買う人からすれば10年落ちでも充分にメンテナンスされた車があれば、激安で高級車を手に入れることもできるわけです。

    自分の所有する車を売るときにはたくさんの書類が必要になってきます。

    でも、車に関連した書類をなくさずにきちんと全部管理していて、尚且つ苗字や住所などの変更がないのであれば、自分で新しく取ってくる必要があるのは印鑑証明だけなのです。

    車を売るときだけでなくて、印鑑証明は車を買うときにも必要になってくるので、一度に2枚まとめて取っておくと賢いでしょう。

    因みに印鑑証明書の有効期限は発行してから3ヶ月間です。

    車を実際に売ることを決定したらすぐに取得しておくと、後々の契約手続きなどが滞りなく完了します。

    愛車を売却使用と考えているときに査定前に洗車しておくことは、間接的ではありますが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

    実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、自動車の見積額が上乗せされるケースはほぼないのです。

    査定額に直接影響はなくても、丁寧に車を扱う人だと言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

    車を雑に扱っていた人よりも店舗側から見たら信頼感が増すでしょうし、見積もりアップも狙えるというものです。

    近年市販されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものがほとんどです。

    こういうわけで、単にカーナビが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。

    例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには評価してくれる可能性が高くなります。

    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、買い取りに出す前に外してしまってカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。