トップページ

    このサイトでは廃車の買取におすすめの廃車買取業者をランキングで紹介しています。
    「廃車の買取におすすめの廃車買取業者はどこ?」ということを知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの廃車買取業者をチェックしてみてください。

    廃車を高く売るために重要なことは、複数の廃車買取専門業者に依頼をして査定相場を比較することです。間違っても一般の中古車買取業者に廃車の買取査定を依頼したり、近所のディーラーに廃車の下取りをお願いしたりというのは損をするのでやめましょう。そもそも廃車を活用するノウハウがないことが多いので買取拒否をされることがありますし、場合によっては廃車の費用を請求される場合があります。

    ですので、廃車や不動車、事故車を専門に買取しているいつくかの業者に実車査定をしてもらって廃車の買取相場を知ることが大切です。このサイトでは実績のある廃車買取業者を紹介していますので、廃車の高額売却を実現するために是非利用してみてください。
    カーネクスト

     カーネクストは、廃車・事故車専門の買取業者。廃車の買取を専門に行ってきた実績がある業者なので、海外への輸出やパーツの再利用、資源としての再利用など独自の販路を持っています。

    その為、他の中古車買取業者やディーラーで「車の買取はできません。廃車には費用がかかります。」と言われてしまった車でも買取可能です。
    多走行車や10年以上前の古い車、ディーゼル規制で乗れなくなった車でも海外輸出販売をすることができるので買取ができますし、事故で動かなくなった不動車でもパーツのリユースをすることができるので買取可能です。

    もちろん、全国に対応していてレッカー代も無料。解体費や手続き代行費など廃車にかかる費用は完全無料ですので、「廃車を1円でも高く売ることができるなら…」と思っている場合は廃車の買取査定を利用してみてください。

    走行距離が5万キロ以下で普通車(可動車)の場合、査定金額に1万円が上乗せされるキャンペーンも実施中です。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前の通り廃車専門の買取業者。「車の事故で全損になったら廃車は買い取ってもらえるの?」、「廃車の引き取りから手続きまでを無料でお願いできる業者はある?」と思っているならおすすめです。

    一般の中古車買取業者で買取価格0円を提示されてしまった車やディーラーでの下取りで値段が付かなかった車でも、廃車のリサイクルについてノウハウと実績のある廃車ひきとり110番ならほぼ値段が付きます。
    廃車の引き取り料やレッカー代も全国どこでも無料ですし、事故車や不動車、故障車、水害車でも買取査定可能です。

    自動車税や自賠責保険の還付金にも対応していますので、一度廃車の査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社で事故車の査定相場がチェックできる事故車の一括査定サイトです。
    「衝突事故でボロボロになってしまったから廃車にするしかないか…」、「災害で水没したら動かなくなってしまった…」という廃車寸前の車でも買取査定が可能です。全国に買取ネットワークがあるので提携加盟店は20社を超えていますし、最大8社に廃車・事故車の買取査定がお願いできます。

    廃車査定の申し込みは数分で入力が完了しますので、複数の廃車・事故車の買取業者が出してくれた査定額を比較して、最高の買取査定額を提示してくれた業者に廃車を売りましょう。
    カービューは累計利用者数400万人以上の実績がありますので安心して利用してみてください。







    車を買取店に持って行って査定してもらった時に、ゼロ円査定になってしまうこともあるでしょう。

    その車が「過走行」と呼ばれる走行距離10万km以上の状態だったり、大きな事故を起こして修理したことがある車などは0円査定になってしまうケースも良くあることです。

    多くの中古車買取店を回ったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車を専門とする買取業者にお願いする事が可能ですので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    なるべく丁寧に乗車していても付いてしまう軽い傷や細かなへこみは、買取査定時にマイナスされない場合が大半ですし、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズや明らかにへこみがある場合、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定が低くなるのを避けるために自分で直しても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    いくつかの業者から見積もりを出すことを俗に相見積もりといいます。

    これをいつでも可能にしたのが、ウェブ上で瞬時に行える中古車一括査定サイトでしょう。

    一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、一緒に同じ時刻にたくさんの査定スタッフに売買予定車を目の前で査定してもらい、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。

    業者の中には他の業者と同時に査定するのを毛嫌いするところもあるのですが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。

    新車の価格は変わりませんが中古車の場合は市場価値がどんどん変化していきます。

    したがって売却対象車につけられた査定価格にもその価格での買取りを保証する有効期限があります。

    しかしこの期限も実際のところ様々ですから、査定金額を出してもらった時点で有効期限の具体的な日にちを聞いておくべきです。

    もし短ければ交渉次第で訂正もあり得ます。

    有効期限の設定は、長いところで2週間が設定されていると思いますが、中古車の相場の変動が大きい時期になると、さらに短くなることがほとんどです。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、実際に全損には2種類の意味があります。

    まずは大幅に修理不能な物理的全損と、他には修理費がかかりすぎて車両保険で賄い切れない経済的全損もあります。

    一般に自動車保険の支払金額というものは、その時々の市場相場に基づいています。

    この時に根拠になるのが日本自動車査定協会の有するデータで、保険会社はそれを参照して適正な金額を算定します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約日から数日、ないし一週間後とみておけば良いでしょう。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、必要な書類が足りなければ契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、業者による査定の前に、納税証明や印鑑証明などの書類を準備しておくことが大事です。

    軽自動車と普通自動車では提出書類が異なるので気をつけましょう。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、ややもすると支払いの約束などが適当になりがちです。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    例えいくら親密な関係の友達であったとしても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、トラブルになりやすい重要な項目に関してはきちんと書面にしたためるべきです。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からいざこざが起きても仕方がないため、軽い気持ちで車の売買を決めてしまうのは早計です。

    何社にも査定を頼んだのにタダみたいな値段しかつかないときは、廃車、事故車などの専門業者を当たってみるのも良いでしょう。

    どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者ならそれなりの値段をつけてくれる可能性が高いです。

    あとは廃車という選択肢もありますが、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    専門業者に委託する最大の利点といえば、時間と手間のかかる廃車手続きを代わりにしてくれることと、車の処分費が無料ということです。

    車を手放そうとするときに、中古車買取業者に出すのとディーラーに下取りに出すのとでは、何を一番に考えるかで変わってきます。

    簡単に手続きが済むことを優先するならば、楽な方はディーラーです。

    車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、全くといって良いほど手間がかからないのです。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば買取業者に査定を依頼する事をお勧めします。

    何社かの査定士と価格交渉することで、一円でも高く買い取ってもらいたいという要求を叶えることができるようになります。